2003年11月30日

人気女優50人『処女喪失年齢完全』リスト

 年齢的には充分おっさんの領域に突入している俺だが、精神的にはまだまだピュアー・セイシュンまっただ中の童貞同然な感じなので、今まであんまりおっさん向けメディアっていうものに触れて来ていなかった。典型的なおっさんの遊び場であるところのキャバクラみたいなお水、風俗系の店にも行ったことがないし、競馬とかのギャンブル系も(パチンコは一時やってたけどやめた)全然やらない。…う〜ん、まあ女の子相手に親父セクハラ・ギャグとかはガンガン言ってるけど…。

 ということで、体はおっさんでも心は童貞という俺は、いかにもおっさんが読みそうな「エロ&ゴシップ」みたいな親父雑誌にもあんまり興味がなく、せいぜい床屋の待合室に置いてあるのをパラパラと読んだりするくらい。というか、どっちかっつーと「こんなしょうもない雑誌、本当に買うヤツいるんかいな!?」という感じのスタンスだったのだが、この間コンビニで見かけ某おっさんむけ「エロス&ゴシップ」マガジンに、あんまりにもスゴイ見出しが付いてたんで、思わず買ってしまった。

「人気女優50人『処女喪失年齢完全』リスト」…どんな企画やッ!

 アイドルに限らず「あの女の子がやった、やんない」っていうのは男にとって永遠のテーマではあるので、今までにもこのテの雑誌で「○○は処女、○○は処女じゃない」「アイドル○○の性癖大暴露」といった「お前見てきたんか!?」という様な、ムリヤリな企画は沢山あったものの、処女喪失の年齢までズバリ発表して、しかもリストにしてしまおうという堂々たる企画は未だかつて見たことがなかった!

 そんで内容もまたすごいんだ。「処女喪失“早熟派”ベスト10」「処女喪失“遅咲き派”ベスト10」といった感じに、処女喪失が早い人、遅い人がリストアップされてるわけなんだけど、どんなルートからのどんな情報に基づいて算出してる数字なんだ、コレ!? しかもランキング入賞者(?)それぞれに「○○は処女喪失こそ遅いものの、フェラとパイズリは中学時代に経験済み」「○○は初体験時、相手も童貞だったので違う方の穴に入れられそうになった」「○○はなんと今年の夏に喪失したばかり!」「○○は初体験後、相手の男に父と会ってくれと迫った」などと、ホントにどうしようもないコメントがつけられている。

 …イヤー、俺も出来ることならこんな記事ばっか書いてるライターになりたい。実際のところどの程度ちゃんと取材をしてるのかはわからないものの、まあ俺から言わせりゃ100%テキトーに書いてるとしか思えない。処女喪失“早熟派”一位が矢口真理、処女喪失“遅咲き派”一位が松たか子って…、絶対、イメージだけで書いてるでしょ!? 脳内でガンガン妄想を膨らませて、アイドルの初体験をでっち上げる…こんな楽しそうな仕事はない。しかも「私の処女喪失年齢が11歳なんて大嘘よ! 本当は14歳だ!」なんて訴えるアイドルは絶対いないだろうから、どんなにメチャクチャ書いても大丈夫だろうし。

 とりあえず思ったのは「あのアイドルの初体験はいつで、どんなだったんだろう!?」と真剣になって考えるのは、一見ヒジョーに童貞っぽい記事なんだけど、実際はこの記事、絶対に童貞向け雑誌には載らないであろうということ。だってこのランキング「○○は処女、○○は非処女」ってハナシじゃなくて、とにかく「全員処女じゃない」という前提から始まってるランキングなんだもん、童貞にはちょっと受け止め難い事実だろう…。
posted by 北村ヂン at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月25日

おヌード公開女

 コンビニに行くと、ものすごい数のエロ系雑誌が置いてある。芳賀書店等のエロ専門本屋に行くほどコアなエロ本マニアならともかく、「今夜ちょいと一発抜きたいな」程度のライトなエロ本ユーザーなら、エロ本買うのにわざわざ本屋なんか行かなくてもコンビニでほとんど事が足りてしまうことだろう。そもそも、エロ本に限らず週刊誌、漫画雑誌なんかを本屋まで行って買うなんてことはほとんどなくなってしまった。本屋さんも大変なんだろうなぁ…。

 まあ本屋さんの心配は置いといて。外から見て「人が集まってるな」という印象を与えるために、窓際に設置されていると言われているコンビニの雑誌コーナーだが、その内の大体四分の一程度のスペースが、「熱写ボーイ」「beppin」「投稿写真」といったいわゆる全面エロ満載の堂々たるエロ本のコーナーになっている。これだけでもかなりすごい量だと思うけど、実際にはこれ以外にも「BUBUKA」なんかに代表される、エロ本コーナーには属さないまでも、いざ読んでみれば内容のほとんどがエロという準エロ本もかなり置かれているし、おっさん向け週刊誌を見てみると、全く他のページからの関連性なくいきなりヌードグラビアがあったりする。こう考えると、一件のコンビニの中だけでも、相当の数のおっぱい丸出し女が存在するということだ。

 もちろんエロ専門本屋や、エロビデオコーナーに行けば、もう右も左もおっぱい丸出しで、コンビニなんか問題にならないくらいのヌード女がいるし、歌舞伎町に行けばすごい数の風俗店がある…。さらにはネットを検索すりゃ膨大なエロサイト、なんなら仕事でもなんでもないのに自分のサイトでセルフヌードを公開している女までいる。なんか頭がクラクラしてきた…。果たしてこの日本には、不特定多数の男に気軽におっぱいを見せてしまえる女はどれくらい存在するんだろうか!? 単純にAV女優、と考えても1000人以上はいそうだし、風俗嬢や、ヌードグラビア系のモデル。セルフヌード女なんかを加えていくと、「今現在現役で」という縛りを加えてもおヌード公開女は数万単位で存在するんじゃないかと思われる。…うわぁ〜…。

 もちろん我々非モテメンズは、そんなおヌード公開女の皆さんに日頃から非常にお世話になっているわけで、一概に否定も出来ないし。まあむしろ「ありがとう」という気持ちもあるわけだけど…。やっぱ…なんだかね〜という気持ちにはなる。

 こんだけ沢山おヌード公開女がいるってことは、僕が今までの人生で出会ってきた同級生や知り合いの女の子の一人ぐらいおヌードを公開しててもおかしくない。残念ながら今の所、僕は知り合いのヌードと遭遇したことはないけれど、世の中には「AVを借りたら娘出てる!」とか「友達の彼女が風俗に!」なんていう事は結構起こってるんだろう。どうなんだろ、知り合いのヌードって…軽くションボリもするだろうけど……イヤ、とりあえず興奮するなー(自分の彼女とかだったら死にたくなるだろうけど)。

 渋谷のスクランブル交差点を歩いているスゴイ数の人たちの中の何人かはヌード公開女かもしれないし、夜中の歌舞伎町だったら、歩いている女の一割くらいは風俗女という可能性は充分ある…。こんな事を考えていると、なんか世の中、夢があるんだか無いんだか良くわからない気分になってくる。まあ、本当はそんなこと以上に、道ですれ違うほとんど全ての成人女性はセックスしているであろうという事実を考え出すと、ノイローゼになりそうになるんだが…。
posted by 北村ヂン at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。