2004年02月14日

バレンタインだぜッ!

 イヤー、バレンタインデーですな。ヤングな頃はボクも「ケッ! チョコレートがなんだって言うんだよ、お菓子屋の陰謀にまんまと踊らされやがってヨー! バレンタインなんて無くなっちまえ!」などというアナーキー(?)且つ陰々滅々とした思想を持っていたものだが、最近では立派な大人になったので「バレンタイン」というイベント自体は「まあ女子から男子へ告白する日があってもいいんじゃなかろうか」というちょっと容認的考えにはなっている。ただ、このバレンタインのどさくさに紛れてちょいと勘違いした女子たちが出現してきてしまうのはお互いに取って不幸な事だと思う。

 ここで女性の皆さんに言っておきたいのは、そりゃあチョコを貰えるもんなら貰いたいけど、誰からでもいいから欲しいっていうワケじゃあないってこと。基本的にボクらが欲しいのは「カワイイ女の子、もしくは好きな子からの本命チョコ」だけなのだ、それ以外のチョコなんかいくら大量に貰ったとしても嬉しくもなんともない。それを「チョコを一個も貰えない男は可哀想…」とか思われてしまうのは非常に心外だ。

 その辺の認識の違いがモロに出てしまってるのが、お袋からのバレンタインチョコ。ボクは生まれてこの方「お袋からチョコ貰って嬉しかった」などと言っている男を知らない。…にも関わらず、モテない男子の大多数がお袋からバレンタインチョコを貰った経験があるというこの事実…。全国のお袋たちは一体何を考えているのだ!? 嫌がらせじゃないとしたら「モテない息子がチョコを一個も貰えないのは可哀想だから、せめて母である私だけでも…」とでも考えているのだろうが、ハッキリ言って母からしかチョコを貰えなかったというバレンタインデーの夜は、チョコを一個も貰えなかったバレンタインデーの20倍くらい、盗んだバイクで走り出したくなるのだ。全国のマザーよ、アナタのチョコが息子を非行に走らせますヨ!

 …とはいえ母からのチョコに関しては、欲しくないのなら、童貞特有の内弁慶を全開にして「チョコなんていらねーヨー! そんなもん買うくらいなら金くれよ、金」とでも言ってやればいいので、比較的避けるのは容易である。それに比べて結構処置に困るのが、前述の「チョコを一個も貰えない男は可哀想…」という、いらん気を遣った女子からのチョコ。大抵会社でも学校でも、優等生型ブス辺りが言い出しっぺで「女子全員でお金を出し合って、みんなにチョコを買ってきましたー」みたいなことをやり出したりしがちだが、申し訳ないがそんなもん嬉しくもなんともない。「全員平等にチョコを」とか言いながら、本命のヤツがいたらそれとは別に明らかに差別化されたチョコを渡すくせに…。

 こんな風に、明らかに優劣がわかっている事を「かわいそう」みたいな論調で、ゴリ押しで平等にされるのは、露骨に差別される事以上にイヤーな気分になる。

 最近じゃ「子供に優劣をつけるのは良くない」とかで、小学校の運動会でかけっこをしてもゴールのテープの前で全員いったん止まり、みんな一緒にゴールして「全員一位!」みたいな事をやってるらしいが、愚鈍な小学生だったボクから言わせてもらえば、そんなワケのわからない平等主義ゴメン被りたい。自分でも足が遅いというのは充分自覚しているし、もうそれはしょうがない事だと自分の中で折り合いもついている。もちろん実際走ってみても明らかにビリ。それなのに教師側のいらん気遣いで「全員一位だよ、よかったねー!」…みたいなことを言われても…。なによりゴールの前でボクのことを待っている同級生達の「そんなに足が遅くても一位ね…おめでたいこった」という目…。もうビリでもなんでもいいから、直球で「鈍足!」となじられた方がどれほどマシか…。

 この平等チョコの場合も同様で、女子達から気ィ遣われている、という事実が自分の惨めさを倍増させ、しかもムカツクことに、何人かの女子は「チョコを一個も貰えないブサイクが悲しい思いをしないように義理チョコをあげている優しいワタシ」的気分に浸ってるのが見え見えなのだ「どうせアンタみたいな童貞臭い男は、アタシの様に心優しい人間がチョコをあげなきゃ一個も貰えないんでしょ、ありがたく思いなさいよ。…でも勘違いしないでよね、あくまで義理チョコなんだからね、ギ・リ」なんて言われた日にゃあ…、何でそこまで見下されてまでチョコレートなんか貰わにゃならんのじゃ! さらに、担任の女教師は「これで男の子は全員チョコレートを貰えたことになりますね、よかったですねー」などと言いだし、無理矢理女子に向かって「ありがとうございました」とか言わされて…。

 完全に臨界点をオーバーしてしまったボクは下校途中、絶対にクラスメートに気付かれるであろうゴミ捨て場にそのチョコをダンク! 次の日の学級会で大問題になり、女子対男子の戦争は取り返しのつかない所までエスカレート…。元々、ただでさえモテなかったボクは、それからクラス替えがある4月までの間、女子とは一言も口をきくことがなかった事は言うまでもない。

 …うーん、今考えると女子と言うよりは、ボクの方が明らかに深刻な問題を抱え込んだヤバイ子供だったなぁー…。


 こんなボクも今ではチョコレート大好き! 今からでもまだ遅くないゾ! バレンタインデーのチョコ、待ってまーっす!(笑)
posted by 北村ヂン at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。