2004年02月24日

ぼくドラえもん

http://www.shogakukan.co.jp/bokudora/

 ちょいと古い話になりましたが…。最近やたらとテレビやラジオでCMを打ちまくっている雑誌「ぼくドラえもん」、皆さん買いました? この「ぼくドラえもん」どんな本なのかというと、まあタイトルそのまんまドラえもんオンリーの雑誌なんですが、つーても漫画メインの雑誌ではなく、映画版ドラえもんの誕生秘話とか、声優陣の対談だとか、どっちかというとドラえもん周辺の事柄に関する研究本というか、ファンブック的な意味合いの強い内容ですね。ボク的には藤子F不二雄本人不在で(ま、そりゃそーなんだけど)、いくらドラえもんの声優をやっているとはいえ、なんかセンスの悪いおばちゃん(大山のぶ代)やおっさんたちが、したり顔でドラえもんについて語っている様というのはちょいとむかつくんですが、まあそれでもちょっとイイ話聞いたっていうのがあったんでよかったのではないかと…。

 まあ、この「ぼくドラえもん」どっちかっちゅーと本誌はどうでもいいんですよ。なんといっても付録が素晴らしいのだ。とりあえず今回は創刊号って事でドラえもんトレーディングカードやら、四次元ポケットバッグ(かわいいんだコレが)やら色々ついてたんだけど、目玉はやはり「ぼくドラDVD」と「ドラえもん未収録作品集」。DVDは、テレビ朝日版のドラえもんが開始する時に作られたパイロット版と映画の予告編全部が収録されているという、コレ普通に売っても買うよ的な内容。パイロット版の方はまだ手探り状態で、ドラえもんの足が妙に長かったり、秘密道具を出す時の効果音がまだなかったりと、まあとりあえず作ってみましょう的な匂いがプンプンしてて気持ち悪ーい感じ。そして映画予告編の方は…ボク、幸運にも第一作の「のび太の恐竜」からちゃんと見れてる世代なんで、各年の映画予告編を25年分も見ちゃうと、その時々の思い出が次々プレイバックしてきて非常に感涙モンでした。

 そして、これは毎号レギュラーの付録としてついてくるという「未収録作品集」! まーボクはこれのために買ったようなもんなんですけどね。一般的にどの程度知られてることなのかわかりませんが、てんとう虫コミックス版のドラえもんって実はベスト盤的な自選集であり、別に連載されてたドラえもん全部の話が載っている訳じゃないんですよね。しかも、単行本に載ってない話には、とても今のドラえもんのイメージからは考えられないダークなネタが結構あるらしく、是非とも読んでみたいもんなんですが、現状では国会図書館にでも通って昔の小学館学習誌を読むしかないという状況…。さすがにそこまでするパワーもないですからねー。しかし今回やっと未収録分が出てくるってことで「もしかしたらすごいダークなヤツも読めるかも!」とかなり興奮したんですが…。まーさすがに小学館オフィシャルで出すもので、それはムリだったのかなって感じで、今回収録されていたのはかなりヌルめのネタ、しかも確かにてんとう虫コミックスには収録されていないものの、昔出てた「藤子不二雄ランド」には載ってた話だったんでボクは読んだことあったんですよね…。まあこれは今後に期待って感じで。イヤー、まあとりあえずドラえもん好きの人はホント買った方がいいと思いますよ。

 …とはいえ、もはやほとんど売り切れ状態らしく、元々は定価500円だったのにヤフオクでは既に5000円以上の値をつけている状態らしいんですが…。まあ、ボクは発売日にちゃーんと二冊も買っちゃったんで関係ないですけどね。カッカッカッ…(笑)

http://search.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=%A4%DC%A4%AF%A5%C9%A5%E9%A4%A8%A4%E2%A4%F3&auccat=0&alocale=0jp&acc=jp

 ちなみに、小学館によると現在増刷中で三月下旬頃には再び出荷されるようですけどね。

posted by 北村ヂン at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。