2004年05月20日

南くんの恋人、再ドラマ化

 ファザー・ファッカー女が生み出した最強の童貞漫画「南くんの恋人」が、またドラマ化されるみたいですね。

 原作漫画の方は、非常にイイ感じに童貞の恋愛が描かれ、なおかつ唐突にエグいストーリーが展開したりして、すごく好きなんですが、1994年に高橋由美子、武田真治でドラマ化された時には、ただのユルーいアイドルドラマになり下がっててガッカリしたもんです。…果たして今回はどうなることやら…?

 ちなみに主役は深田恭子と、嵐の二宮くん。ジャニーズで最も童貞っぽい顔を持つ男である二宮くんはともかく、深田恭子はどうだろうなー? …しかし、映画「下妻物語」での痛〜いゴスロリ少女の役といい、ホリプロは深田恭子をどうしたいんでしょうか?

posted by 北村ヂン at 13:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月19日

たてこもり

 みんな大好き「t.A.T.u」のどっちかが妊娠して、シングルマザー宣言&産休するらしいけど…。これはどうするんでしょうね?


 ところで、宇都宮のたてこもりの人って、まだやってんのかな?

 なんでも、近くにある中学校は「危険だから」って事で休校したりしてるらしいですけど…、逆効果だと思うなー。中学生の頃のボクなら絶対

「学校も休みになったし、一丁たてこもってるマンションでも見に行ったるかー」

 …ってな事になってたと思う…。童貞男子中学生なんて、それくらいバカなんだから、学校に登校させて閉じこめておいた方がいいって。

posted by 北村ヂン at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月18日

深夜のNHK

 女子バレーの栗原恵選手を「アリ」の箱に入れようか「ナシ」の箱に入れようか迷っています。プリンセス・メグってのがなぁ…。


 最近、深夜のNHK教育で「学校デジタルライブラリー」っていう番組がやっているのを知っていますか?

 ボクはNHKの深夜枠には前々から注目しているんですが、その年にヒットした曲をBGMに、「よくこんな映像取っておいたなー」って感じのユルーい当時の映像が延々と流れ続ける「ミュージックボックス○○年」や、よくわからない外国の映像がずーっと流れている「映像散歩」など、なんの盛り上がりも、オチもなく、さらに面白いとも思ってないのに、なんか知らないけど見続けてしまい、気が付いたら朝になっていた…! みたいな事が結構あります。

 おそらくこの辺の番組は、NHKが持っている膨大な映像ライブラリーを「放っておくのももったいないから、とりあえず深夜にでも垂れ流しておこう」程度の発想で放送してるんだと思いますが。この、何のポリシーも野心もない、ユッルーい編集っぷりは、絶対に民放じゃ真似できないドラッギーな魅力に溢れまくってるんですよね。

 そういう意味で、この「学校デジタルライブラリー」もかなりキテる番組です。要はNHK教育が今まで制作してきた学校教材用の映像を、とりあえず垂れ流しておくから、それをビデオにでも録画して学校の授業で使ってね、的な番組なんですが(そもそも、そんなコンセプトの番組自体あり得ない)。アサガオの芽が生えてから花が咲くまでを延々と見せてる映像、雲の流れ行く様をずーっと撮している映像、魚が卵から孵るまでの映像、虫が葉っぱを食っている映像…そんな、もはや二度と学校の授業なんか受けないであろうボクからしたら、これからの人生をおくるにあたって、何の役にもたたなそうな、ある意味シュールな映像が延々垂れ流されているのだ。

 …それでも、やってるとずーっと見ちゃうんですよね。真夜中に、酒も飲んでないのに、そんな映像を何時間も見続けているヤツって…端から見たら完全にノイローゼだよなぁ〜。

 ま、夜中にヒマでヒマでしょうがない人は是非。

posted by 北村ヂン at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月17日

バスケットピンポンの魅力…

↓バスケットとピンポンを合わせたスポーツがあるんだそうですよ。

http://mytown.asahi.com/wakayama/news01.asp?kiji=1907

「バスケットとピンポンを合わせた」…これだけ聞いたら、全然意味がわかんないですよね。基本的には卓球のルールを踏襲しているらしいんですが、使用する台が特殊な物で、通常の卓球台の四分の一以下の大きさ、さらに台の両端に穴が空いていて、その穴に玉を入れると高得点、みたいな感じらしいです。その辺がバスケットなんですね。ちなみに名前はバスケットピンポン、略して「バスピン」と呼ぶそうな…バスピンって…。

 世の中、もう有り余るほどスポーツや競技はあるんだから、なにも今更新しいスポーツを作るこたぁないと思いますが…。しかし、誰にも求められていないにも関わらず「家庭で親子が楽しみ、コミュニケーションが取れる遊びを作りたい」という思い込みオンリーで新しいスポーツを生み出してしまうパワー。それは、誰にも望まれていないのに、便利なんだか便利じゃないんだか非常に微妙なグッズを次々と開発してしまう町の発明王にも通じる、表現意欲の大暴走を感じて、童貞魂的には嫌いじゃないです。

umisiro.jpg ちなみに、このバスピンの創始者(…というか思いついちゃった人)の故・北原雄一氏は、バスピン専用台を製造販売する「日本バスケットピンポン株式会社」という会社まで立ち上げてしまったのだ。もう名前からして「日本バスケットピンポン株式会社」…そんな一転突破な会社、やって行けるのかいな…と人ごとながら心配になってしまいますが、なんでもこれまでにバスピン用卓球台は5、6万台売れているという事。…これで会社として成り立つのかどうかは知りませんが、とにかく卓球台が5、6万台売れているっていうことは、その数十倍くらいは競技人口があるっていうことでしょう。今まで存在すらしなかったスポーツをでっち上げ、ここまで普及させてしまうというパワーは尊敬に値します! …まあ、ボクは今まで全く聞いたことはありませんですが。

 しかし、どんなスポーツでも生まれた瞬間っていうのがあるわけで、今でこそカーリングとかカバティなんかオリンピック競技にまでなっていますが、最初に考えた人は大変だったと思いますよ…。

「オレさ、新しいスポーツ考えたんだよ! 氷の上で石の固まりみたいの滑らせて、ブラシで必死に氷をこするの!」

 …こんな事をいきなり近所のオヤジが言い出したら、「はぁ〜?」ってなもんだし、

「オレさ、新しいスポーツ考えたんだよ! カバティカバティ言いながら相手の陣地に…」

 …なんて言い出した日にゃあ、完全にキチガイ扱いされること間違いナシでしょう。もっと言えば体操の鞍馬なんかも、

「台の上で足を閉じたり開いたりしながらクルクル回ってさぁ…」

 …全然意味がわかりません。こんな、冷静に考えてみると珍奇な行動にしか見えないものを、ちゃんとスポーツとして定着させた先人たちは本当に偉大ですよ! んで、何が言いたいかっちゅうと…、バスピンもオリンピック競技になったらいいね。

↓バスケットピンポン公式ホームページ
http://www.basketping-pong.com/
 バスピン用品も買えるよ!

posted by 北村ヂン at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お昼寝中

お昼寝中
posted by 北村ヂン at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月15日

アトムに会いたいッ!

みなさーん!
4月7日はアトムの誕生日ですよ!

出身地(ということになっている)高田馬場では、
今年も色々とイベントが開催されていました。

…というわけで
今月はアトム仮装パレードをご紹介!

一見、ユルそーに見えるこのイベントですが、
実は優勝賞金30万円が懸かった
アッツアツなイベントなんですよね。



ちなみにこれが昨年の優勝者…
期待が持てますねぇ〜。

それでは今年の模様を見てみましょう。

こんな感じで、30万円に目がくらんだ親に
無理矢理連れてこられた感じの
子供がたくさんいました…ホント、イヤそう…


あ〜…もうグダグダね。


手塚治虫先生…というよりは…
漫☆画太郎先生の自画像っぽいおじいちゃん


この子たちはフツーにかわいかったなぁ


そして、ここぞとばかりに幼女を撮りまくりのカメコたち。


お茶の水博士…!? 顔についてるのは、そりゃチンポか!? オイ。


と…飛んでる!?
…と、まあ、こんなパフォーマンスもあったりね。


出ました!
学生ノリ丸出しのバカ大学生
…ホント、ムカツキますね


大体、パーマンは手塚キャラじゃねぇッ!
死ねッ! 死ねッ!


ボク一番のお気に入り。
いくらなんでもあんまりなアトム…。

ちなみに優勝は…

手塚グッズメーカー「十万馬力」から出場のこのチーム!

…出来レースだろ!

posted by 北村ヂン at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月14日

藤原紀香…

 今年のカンヌ映画祭は、日本人関係の映画が色々出品されるっちゅう事で話題となっていますが、その中でもワイドショー等でかなりホットに取り上げられているのが「シュレック2」日本語版で声優を担当した藤原紀香。

http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_05/g2004051401.html

 現地の会見で「こんな風に全世界で注目されるのはラッキー」と興奮気味に語り、スーツケース6個分の“勝負服”を用意するなど国際デビューへの意気込みは十分のよう。

 朝のワイドショーでもスーツケース6個分の衣装を携えて「まだ、どれを着ようか迷ってるんですよ〜」とかなんとか言ってましたね。もう、相当「ワタシは国際派女優よ」とか思ってるんでしょうな。「シュレック2」自体は観てないんで、作品の内容的にどうこうって事はないんですが、一つだけどうしても気になってしまう事が…。

「…本当に藤原紀香はカンヌに呼ばれてんのかな…?」

 …って事。この疑問、みんなスルーしちゃって「カンヌじゃ、カンヌじゃ!」とワッショイしちゃってますけど、ホントにそれでいいんですか!? 要は藤原紀香って日本での上映時に吹き替えをやったってだけの事でしょ。…それなのに「こんな風に全世界で注目されるのはラッキー」とか言っちゃってていいの!? これでカンヌ行っちゃうって事は、ジャッキー・チェンの映画がカンヌに出品されたら、石丸博也も呼ばれるっていうことですか!?

 基本的にセクシー系乳製品タレントの寿命は短いっていうのは定説ですが、その中でも藤原紀香は注目され出したのが遅かったため、何年か前までファッションリーダー的位置に置かれてワッショイされていたのに、一気におばちゃんと呼ばれるような歳になってしまって、自分でもこれからどういうスタンスでやっていけばいいのか迷走しちゃってるんだろうなー。最近、藤原紀香をテレビで見かけると、なんか切な〜い気分になってしまいます。

posted by 北村ヂン at 13:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月11日

妖怪お菓子コンテスト

http://mytown.asahi.com/tottori/news01.asp?kiji=4092

 ゼリーの目玉おやじ、ケーキの子泣きじじい、ヨモギパンのぬりかべ……。鳥取市の県立博物館で開かれている「大(Oh!)水木しげる展」を応援しようと8日、同市末広温泉町の県物産観光センター・ジゲの広場で「妖怪お菓子コンテスト」が開かれ、菓子の鬼太郎一家が勢ぞろいした。

 非常に行きたいものの、さすがに鳥取まで行ってらんないよなぁ〜…という事で、断念してしまっている「大(Oh!)水木しげる展」ですが、それに便乗した企画として鳥取県物産観光センターでは「妖怪お菓子コンテスト」が開かれているそうな(水木先生は完全ノータッチみたいですが)。

 しかし…鳥取県は、もう完全に「水木しげる」を全面に押し出してやっていくつもりみたいですね…。イヤ、県出身の有名人が水木先生しかいないっちゅうんならしょうがないんですけど…手塚治虫とか藤子不二雄、石ノ森章太郎だったらともかく…水木しげるですからねぇ…。最も有名な(というか、一般的にはこれしか認知されてないんでしょうが…)「ゲゲゲの鬼太郎」はまだしも、他の代表作って「河童の三平」とか「悪魔くん」とか「のんのんばあとオレ」とか「劇画・ヒットラー」ですからねぇ…。鳥取県の人たちは、その辺の漫画をちゃんと読んでるのかな?


 そもそも鬼太郎にしても、普通の人はアニメ版のユルーくてヒーロー的なイメージの鬼太郎しか知らないんだろうけど、原作の方はかなり県推奨に向かないタイプの作風ですからね。ボクも幼少期にアニメ版を見て鬼太郎好きになり、漫画の方も悪い妖怪をドンドン退治していく愉快痛快な内容なんだろうなー程度のライトな感覚で原作本を購入して読んだら…。鬼太郎の両親(目玉になる前)は貧しさの余り血を売ってるわ、その血を輸血された人はキチガイになっちゃってるわ、鬼太郎は原爆の放射能の影響で髪の毛がバンバン抜けてるは…という、基本的に子供に見せてはいけないタイプの描写のオンパレードで相当トラウマになったもんです。

 閑話休題。

konakijiji.jpg さて、この「妖怪お菓子コンテスト」ですが、水木先生の公認を受けていない所からも予想できるように、かなりユルーイ感じのコンテストだったようです…。鳥取県菓子工業組合理事長賞(多分一番エライ賞)を受賞した作品がコレ→ですからねぇ…。…このユルさは一体…。ちなみに全出品作品はこちら。ホント、腰を抜かす程のユルユル加減です。なんなら、ボクも参加したかった!

posted by 北村ヂン at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月07日

いかにも…な名前

いかにも…な名前
posted by 北村ヂン at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月06日

今日は新宿レッドクロスで出会い系イベントだよッ

今日は新宿レッドクロスで出会い系イベントだよッ
posted by 北村ヂン at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。