2005年08月15日

実写版はだしのゲン

 昨日、アニメ版「はだしのゲン」1、2を一気に観て、どよーん……とした気分満点になってしまったのを引きずり、今日も何にもやる気ナシナシモードだった。

 ……という事で、クーラーカッキンカッキンでゴロゴロしていたのだが、まあなかなかそんなに長いことゴロゴロもしれいられないモンなので、先日録画しておいた日航機墜落事故の20周年特番を観る。……そして、さらに急加速度的にブルーな気持ちに。もうガックリ。

 じゃあ、そんなブルーになりそうなモン観なきゃいいじゃねーか……と思うかもしれないけど、こういう事したい時ってあるでしょ?

 ちょっと落ち込んでる時にヤケクソになって、さらに落ち込んじゃうような事をわざとやるっていう。

 例えば、傘を持ってないのに思いっ切り夕立に降られちゃって、もうパンツの中までグッショグショになってしまったので、「もうヤケクソだ! ……おしっこも漏らしちゃえ!」……みたいな。

 ……ちょっと違うか?

 ガマンにガマンを重ねて堪えていたウンコを、ちょっと油断した隙にニョロリと小指大くらい漏らしちゃったから、「もう全部放出しちゃっても同じだろ!?」……みたいな。

 ……もっと違うな。

 ま、とにかく、完全にダウナーになってる自分に浸りたい時ってあるじゃん!

 というわけで、はだしのゲン鬱に陥ってる所に日航機墜落事件鬱を積み重ねてしまい、

 「もーこうなったらヤケクソじゃ! 今日はとことんネガティブ&ブルーな気持ちになってやるッ!」

 とばかりに、もう一発背中をズドーンと押して完璧な欝気分に浸るべくTSUTAYAへ。そして実写版「はだしのゲン」をレンタル! アニメ版ですらあれだけトラウマを刻み込んじゃうんだから、実写版なんて観た日にゃあ、もう完全にブルー! ディープ・ブルー必至でしょ!

 ……と思って実写版「はだしのゲン」を観たら……もう爆笑!

 あ、そうだ、忘れてた。アニメ版はあんだけのトラウマ映画なのに、実写版「はだしのゲン」(1〜3まである)は爆笑バカ映画なんだった。

 さすがに、扱ってるテーマがテーマだけに「爆笑バカ映画」と言い切っちゃっていいもんかビミョーな所だけど、みんなも多分実際に観たら「あ、バカだ」と言っちゃうと思うよ。

 低予算映画の悲しさ故、原爆被害の迫力を全く再現出来ていない……というか中途半端な被爆メイクがどうしてもドリフの爆発オチに見えてしまう。

 なにをトチ狂ったか、ゲンがいきなり高らかに歌い、踊り狂うナゾのダンスシーンが入ってきたりする。

 タモリ、赤塚不二夫、にしきのあきら……といった、シリアスなテーマに全く合わないタイプの人たちがゲスト出演しているために、どうしてもそのシーンでは笑ってしまう。

 「1」での父親役は三國連太郎だったのに、「2」以降では出演交渉に失敗したのか、死んだ父ちゃんを涙ながらに回想する、というシーンでいきなり見たこともない別の役者が「ゲン、麦になれ!」とか言っている。観ている側的に全く知らない人の回想を見せられても何がなんだか……。

 ……等々。うーん、がんばってはいるんだろうけど、やっぱバカだわ。これじゃあ原爆の恐怖とか全く伝わらないわ。
posted by 北村ヂン at 01:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

はだしのゲン見た

38602529-1.jpg 「パソコンテレビGyaO」で今、終戦60周年ということで「はだしのゲン」「はだしのゲン2」「黒い雨にうたれて」「クロがいた夏」という、いわゆる中沢啓治原作の原爆アニメ四発が一挙無料公開されている。

 「はだしのゲン」と言えば、「ギギギ」等の特殊擬音頻出の漫画版もさることながら、学校とかで強制的に見せられていたにも関わらず余りにもエグイ原爆表現で小学生たちの心にトラウマを刻み込みまくっていたアニメ版は一部の世代にとって二度と見たくないトラウマアニメの決定版。

 かく言うボクもご多分に漏れず、小学校の上映会かなんかで見て以来、思いっ切りヘヴィーなトラウマを抱え込んでしまい、相当長いこと「原爆が落ちてきませんように…」と毎晩神様にお祈りしてから寝るという、精神的にどうにかなっちゃって新興宗教にでもハマッちゃった人のようなライフスタイルを実践していたのだ。

 そんなボクも、もういい加減いい歳こいた大人なので原爆のトラウマからも解放され、最近じゃ漫画版「はだしのゲン」全10巻を自宅にコンプリートして、ユカイにはだゲン(通はこう略すのよ)を読むことも出来るようになった。

 しかし、未だにアニメ版のあのリアルな原爆表現のトラウマはガッチリと残っていて、アニメの方は小学校以来一度も見直してなかったのだ。でもま、今回タダで見れるという事で、せっかくだし勇気を出して「1」「2」を一気に視聴。

 ……。

 さすがにもう大人なので、ションベン漏らしそうになるほどの衝撃は受けなかったものの、やっぱり非常にブルーな気持ちになる。イヤ、今でもこんなすごいアニメないよ、ホント。

 ボクも久々に見直して気付いたんだけど、内容的にはやはり戦中〜原爆投下〜終戦までを描いた「1」の方がトラウマ&衝撃度は高いものの、なんか「2」の方が制作者側の「一本のアニメ作品として作り上げよう」という意識が高くなってる感じがあって妙に気になるのだ。

 つーか、「1」と「2」でキャラクターの顔が全然違うんだけど、「2」のキャラは大友克洋の描くキャラにすごい似てるのだ。そのせいか、どーにもこーにもSFアニメに見えて仕方がない。

 調べてみたら製作協力でMADHOUSEが入ってたんだけど、MADHOUSEといえば「幻魔大戦」。「幻魔大戦」といえばキャラクターデザイン大友克洋! ……なるほどねー。その辺でつながってるのかな?

 ま、日本じゃトラウマビンビンアニメとしてしか評価されてないけど、海外では「AKIRA」辺りと並ぶバイオレントアニメの傑作(この評価も相当どうかしてると思うけど)として評価高いらしいんで、皆さんも大人になって原爆トラウマから解き放たれた辺りでもう一回見てみるのもアリなんじゃーないかと。


 余談だが、「はだしのゲン2」でキャラクター・作画監督をやっていたさかいあきお氏が、どうも最近ではOVA「同級生2」の監督とか「カードキャプターさくら」の演出とかをやってるらしいんだけど……振り幅広いネー!続きを読む
posted by 北村ヂン at 13:56| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。