2005年11月30日

宇宙人東京に現わる

 変な物好きの人が一度はハマるのがバカ映画探し。

 ボクもご多分に漏れず、高校〜大学生の頃、

「ロボ道士・エルム街のキョンシー」
「キョンシークエスト2・大霊界から来たUFO」
「必殺! ムーン・ウォーク拳・キョンシーマン」

 等の、とりあえず頭の悪そうなタイトルのビデオばっか無差別にバンバン観ていた時期があった。

 その手の映画を夢中になって観てた当時は「あー、なんて面白いんだ」……とか無理矢理思い込んでいたものの、こういう映画って、確かにバカはバカなんだけど、映画としてはイッコも面白くないんだよね……。やっぱり「ロッキー」とか観てた方が楽しいのだ。

 それに気づいてしまって以降、全然観なくなってしまった。

 そんな、B級映画に完璧に洗脳されていた時期に深夜のテレビ欄でタイトルを見つけ「うおッ! こりゃ絶対観なきゃ」と思ったのが「宇宙人東京に現わる」という映画。B級な匂いがプンプンするイカシたタイトル!

 しかし、この「宇宙人東京に現わる」は(少なくとも作られた当時は)B級映画でもなんでもなくて、日本初の本格的カラーSF映画という事で、金も気合いも注ぎ込んで結構本気で作られた映画だったのだ。

 なので、その頃メチャクチャ観てた他のバカ映画に比べれば果てしなくまっとうなストーリーだし、ちゃーんと作られていた。

pairajin1129.jpg そしてなんと言っても作中に出てくる岡本太郎デザインの宇宙人・パイラ人がスゴイのだ。星形の真ん中にでっかい目玉をズドーンとくっつけただけという、おそらく他の人がデザインしてたとしたら、

「手ェ抜くんじゃねえ! デザインし直して来い」

 と、グーでぶん殴られそうなかなり大味なデザインなのだが、そこは世界のタロー、誰も文句言えなかったんだろうな。

 1956年制作という、まだ一般的な認識としては「タコ型宇宙人」が主流だったんじゃないかっていうような時代に、こんだけアバンギャルドな宇宙人をデザインしてしまった岡本太郎……さすが、どーかしてるよ。

 しかも映画中では、この動く岡本太郎作品とも言うべきパイラ人が、釣り針に引っかかって釣り上げられたり、いきなり障子の向こうから覗いてたり、コンサートホールに出没したり、「地球に入れば地球に従えという説もある」なんて渋い台詞を(パイラ語で)しゃべったりと大活躍するのだ。カワイイんだ、コレが。

 一応、ストーリー的には核兵器廃絶のメッセージとか入ってたような気がするけど、あまりにもパイラ人のインパクトばっかりデカくて肝心の内容の方はあんまり覚えてないや。

 そんなナイスな「宇宙人東京に現わる」が遂にDVD化されるらしいよ。こりゃ〜、また観なおさなきゃ。

posted by 北村ヂン at 10:20| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

金八スペシャル!

http://www.tbs.co.jp/kinpachi/

kinpachi1126.jpg うおっ、年末に金八先生スペシャルやるみたいですね。しかも「真の最終回スペシャル」って!

 確かに今年の三月までやってたパート7本編の方は、生徒がシャブ中になるわ、泡吹くわ、虫の幻覚見ちゃうわ、そして最終的にはソイツが少年院に入れられて終わり……という、この世の物とは思えないほど後味の悪い最終回でしたからね。やっぱ、さすがにアレで終わりって事はなかったか。

 オンエア当時、余りにも何にも解決していないブルーな最終回にポカーンとしちゃったもんなぁ、まあこのスペシャルでようやくパート7も完結するわけですな。

 しかし、中途半端で非常に気になる最終回のまま半年以上放置して、やっとスペシャルで完結ってどんなドラマだよ。ま、多分またヤヨも出てくるだろうし……イヤー、楽しみだ。

※新しいパソコンとタブレットを導入したので絵を描いてみたよ
posted by 北村ヂン at 09:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

クリスマスに死んじゃいそうなみんな、集まれ!

毎年恒例のあのイベント、今年もやっちゃいますよ。

2005年12月24日(土)
出会い系居酒屋プラスワン42
「女子入場無料!友達100人できるかな〜さみしんぼたちのクリスマスパーティー」
【教師】北村ヂン(出会イスト)、シンスケ横山
【場所】新宿ロフトプラスワン 【開場】17:00【開演】18:00
【通し券】男子:2000円 (1D付き)、女子:入場無料!!
【問い合わせ】TEL 090-8014-8190(キタムラ)

mixiで「出会い系居酒屋プラスワン」コミュニティー作ったよ。

携帯からもWeb人生を見れるようになったヨ。これからは毎日アウトドアーで珍文をチェックしよう!
http://www.doutei.com/i/   携帯電話にアドレスを送る
posted by 北村ヂン at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

食用ゴキブリ

※今回の記事のリンク先は非常にヤバイっちゃあヤバイので、相応の覚悟がない人はお気軽にクリックしないよーに。

 イナゴの佃煮を食ってたら「ゴキブリを喰う女」っていう、もはやどこでオナニーしたらいいのか全くわからないAVがあったなぁ……って思い出してしまった。

 アレはホントに思い出したくもないくらい衝撃的な映像だった。もうタイトルそのまんま、AV女優が生きてるゴキブリをつまんでは食い、つまんでは食い、大量のゴキブリをミキサーで粉々に砕いてその汁を……。

 あー、思い出しただけで気持ち悪い! 一応AVって事で、申し訳程度にゴキブリだらけの部屋でのセックスシーンもあるにはあるものの、あんなモン見ながらオナニー出来るヤツがいたら完璧クレイジーだよ。あのビデオ見るくらいならスカトロビデオの方がまだマシな感じすらしてくる。

7756_02.jpg

 ここで視聴なんかも出来るけど……、相当な覚悟がある人以外は絶対見ない方がいいよ。こりゃもう色んな意味で18禁。幼少期に見たら絶対トラウマになるね。

 ちなみに、このビデオの中ではさすがにその辺にいるゴキブリを食っている訳じゃなくて、「ちゃんと食用のゴキブリを使用してるから大丈夫」らしいんだけど……。何だよ、食用のゴキブリって!

 なんでも中国やタイの方では食用ゴキブリが売ってて、スープにしたり漢方にしたりしてるらしいけど……。ホント、何でも食うなぁ、中国人は。

 食用ゴキブリなんて、いくら「食用」って言われても、さすがに大半の日本人はまず食べられないだろう。同じように、ボクはカエル嫌いなので死んでも食用ガエルなんて食えない……というか触れもしない。

 逆に言えば、食用ガエルを自ら捌いて、調理して、食べられる人だったら、その辺にいるカエルも平気で食えそうな気がするし、食用ゴキブリ食える人だったら、その辺にいるゴキブリも食えるんじゃないかな?

 ゴキブリくらいのレベルになっちゃうと「食用」とかそういう問題じゃなくって、食える人は何でも食えるし、食えない人は死んでも食えないっちゅうハナシなんじゃないだろうか。だから、別に「食用ゴキブリを使用してるから大丈夫」なんじゃなくて、ただ単に出てる女優さんが相当何でも食えるタイプの人だってだけでしょ。……現に「ゴキブリを喰う女」の女優さん、別のビデオではウンコもバンバン食ってたしね。

 まあ、「食用」なんて言ったモン勝ちの世界であって、その気になれば人間、口にある大きさで、噛み切れるくらいの堅さの物なら何でも食えるでしょ。「食用」ではないであろう人肉とか食ってる人もいるくらいだからねぇ。

 ボクが小学生だった頃、家が貧乏で有名だった同級生のKくんなんか、授業中に隣の席の女子から貸してもらったチョコレートの匂い付き消しゴムに魅了されて、かなりイッちゃった目をしながら一心不乱に匂いを嗅いでたと思ったら、何かに取り憑かれたのか、イキナリ消しゴムを丸ごとパックリ食っちゃってたもんな。

 あの消しゴムだってKくんに言わせりゃ食べ物だったんだよ。イイ匂いするし。

 まあ、天変地異とかでものすごい食料危機がやって来たら、最後に生き残るのはゴキブリやウンコや消しゴムレベルの物まで食えるタイプの人だと思うけど。……ボクはその世界で生き延びるのはご遠慮したい。
posted by 北村ヂン at 08:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

イナゴは食えるかい?

 お土産なんだか何なのか良くわからないけど、イナゴの佃煮をもらった。食える人と食えない人がガッチリ別れるアクの強い食べ物の代表格・イナゴの佃煮。お土産として他人にプレゼントするのって結構チャレンジな一品だと思うけど、コレを頂いたボクは好かれているのかな? 嫌われてるのかな?

 幸いボクの場合はイナゴなんて平気でパクパク食えるタイプなので全然問題はなかったんだけど、……それにしてもイナゴをティッシュに包んで持ってくるこたぁないと思うよ。

IMG_0190.jpg

 こんなもん、ビジュアル的には完全にただのゴキブリの死骸だよ。少なくとも「食べ物」っていうカテゴリーのビジュアルじゃあないよね。


いなご佃煮(100g)
100gで800円もするらしい。結構高いねぇ。
 そもそも、ボクもイナゴを食えるには食えるものの、別に自分から進んで食いたい訳じゃあないからね。少量をポリポリ食うくらいならいいけど、大量のイナゴをザザーッとご飯の上に乗っけて食えるかって言ったら、……さすがにそれはちょっと食いたくないよなー。

 大体、こんだけ色んな食い物が溢れてる時代に、わざわざムシを食うことないと思うけどなぁ。ムシキングに夢中なキッズたちはこの食い物を見たらどう思うのか。

 味的にも、まあ普通の佃煮の味なんで不味いとは言わないまでも別に美味くもないし、栄養もそんなにあるとは思えない。

 栄養はないけど美味い食い物、コレはまあグルメ的な意味では普通に食べたい。逆に栄養があるけど不味い食べ物も、「健康のために」という事でたまには食っておこうかという気にはなる。だけど、美味くもなく、栄養もない食い物の存在価値ってどこにあるんだろか。

 ボクは子供の頃、親から「イナゴを食べると足が速くなる」とか何とか言われてやたらとイナゴの佃煮を食わされてた記憶があるんだけど、そんなモンどう考えてもただの妄言だもんな。

 戦時中はイナゴも貴重な食料だったみたいだけど。ボクが思うに、今となってはグロテスクなビジュアルのイナゴを前に、

「わー、気持ち悪ーい」
「こんなの食べれなーい」
「えっ、オレは全然食べれるよ……ホラ」
「キャー、信じられなーい」

 ……とか何とか言いながら、みんなでワイワイするためのオモシログッズの一種でしかないような気がする。食べ物をおもちゃにするな!

 ま、はだゲン・チルドレンのボクは、イナゴ=「はだしのゲン」のキャラクターグッズっていう認識なんだけどね。

IMG_0193.gif
 夕食を前に、食卓でこんな提案がなされるような時代に産まれ無くって良かった、本当に良かった! ビバ・平和。

IMG_0194.gif
 虫を前にして「めしがおるぞ、とれとれ」なんて言う人間にはなりたくない、本当になりたくない!

otouchan.gif
 さすがにお父ちゃんは大人だけあって、ちょっとビミョーな表情。
posted by 北村ヂン at 02:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

モテたい! モテたい!

mcdbparty_img.jpg いよいよあと一月くらいで誕生日がやって来てしまう。ま、例年は特に誕生日だからといって何をするでもなく過ごしているのだが、今年は30才の誕生日だからねぇ。ヤバイ! ヤバイ! 三十路!

 十代の頃は、まさか自分が結婚もしていない、子供もいない、家も持ってない、車の免許も持ってない、ちゃんと就職もしてない、さらに月末にはコンスタントに貯金ゼロに近くなっているという、グズグズのズックズクな状態のまま30才を迎えるなんて思ってもみなかったよ!

 ブルーな気持ちになってても仕方がないので、もうヤケクソで今年の誕生日は大々的な誕生パーティーを開催しようと思っているのだ! ……マクドナルドで。友達も非常に少ないので誰も来てくれないかもしれないけど、それでもいいの。きっと、白塗りのキチガイみたいなピエロとマクドナルドのお姉さんはボクの誕生日を一緒に祝ってくれるさ、多分。ヒマな人は来てくれ、マクドナルドに!




 ま、そんな感じで、リアルにおっさんエイジに突入していく事に恐怖を感じているボクなのだが、一方最近のオヤジたちは30〜50代、年収1000万以上の高額所得者層をターゲットにした雑誌「LEON」を読んで、「ちょい不良(ワル)オヤジ」「ちょいモテオヤジ」なんてそそのかされて調子に乗っているらしい。

 この「LEON」っちゅうのが、今オヤジ界では絶大な支持を受けてるらしい。こりゃあ、これからおっさんとして生きて行かざるを得ないボクも、今のウチから読んでおかなきゃ……と思ったのだが。「LEON」の目次をざっと見てみると。

coverleon.jpg

・“真っ当”はオヤジの天敵です! モテるちょい「ロクデナシ」の作り方

・「高い」「速い」より、肝心なのは“こなし”です! クルマオヤジの「モテる」あわせワザ

・モテるモードの選び方

・「オタク靴」より「モテる靴」!

・モテるバイクが帰ってきた!

・キスしたくな〜る!? ”クチビル美容”


 ……。「モテる」「モテる」って、脳みそが金玉に支配されてる10代の童貞ならまだしも、40、50代の良い歳ぶっこいたおっさんたちがこんな本読んでんじゃないよ。コレ、読んでる人は「これを読んでるのがオシャレ」と思ってるのかもしれないけど、要はこの本、中年向け「ホットドックプレス」でしょ!?続きを読む
posted by 北村ヂン at 22:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

実写版・火垂るの墓

hotarunohaka1.jpg あーっ、イヤだイヤだ〜ッ! 「火垂るの墓」見ちったよ。当然、この間やってた実写ドラマ版の「火垂るの墓」ね。だから今日のボクは非常にブルー&ダウナー。

 こうなるのはわかってるのにどうして見ちゃうんだろ。やっぱ普段ウンコとかチンチンの事ばっかり考えて、バカアッパー状態が続いてるので、たまにはバランス取って「はだしのゲン」とか「火垂るの墓」とか、ダウナーな物見たくなるのかな。

 さて、この実写ドラマ版「火垂るの墓」。原作である小説も、高畑勲によるアニメ版も言わずと知れた名作だが、ここんところ映画版「タッチ」やら「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」やら「アストロ球団」「H2」といった、やんなきゃ良かったのに的な実写化が多かったので、正直観る前は「ああ〜っ、『火垂るの墓』実写にしちゃうの!? やめときゃ良いのに……」と思っていた。

 しかし、いざ観てみたところ予想以上に良い出来だった。少なくとも、同じく戦後60年っていう事でTBSでやってた(「火垂るの墓」は日テレ)広島の原爆についてのドラマ「ヒロシマ」の、全く原爆の恐怖感が伝わって来ないくらいの超グダグダっぷりに比べれば、果てしなく良い感じのドラマになっていたと思う。

 ま、細かいところを言えば、あからさまに安いCGのB-29だとか、しょぼしょぼの空襲シーンだとか、餓死寸前だっちゅうのにわりとプクプクしている節子だとか、いくらでも突っ込みどころはあるんだけど、テレビドラマとしてはがんばってる方なんじゃないかと。映画として、もっと予算かけて作ってれば、もうちょっと良くなったような気はするけど。

 ストーリーはアニメ版とはちょっと変わっていて、アニメ版の主人公である子供二人、清太と節子をガンガンいたぶって、最終的には家を追い出した、観ててヒジョーにムカツク感じの親戚のクソババァを松嶋菜々子が演じ、ドラマ版では主人公的な位置になっている。

 最初コレを知った時には、アニメ版での超ムカツク完全悪役な感じで描かれてるババァのイメージが強すぎて「なんじゃそりゃ!」と思ったのだが、戦時中の貧しさ故に、自分の家の子供を守るためには清太たちを追い出さざるを得なかった苦しみと悲しみみたいなところを出して、結果的にはアニメ版とは違う側面を描きつつも、上手いことまとまってたと思う。

 ただ、今回のテーマであろうところの「清太たちを追い出さざるを得なかった」というのを強調しようとして、「松嶋菜々子はホントは良い人なんだよ」とアッピールするエピソードがこれでもかとばかりにガンガン挿入されていて、どーにもクサイ。続きを読む
posted by 北村ヂン at 04:35| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ドラえもんの歌が……!

 遂にアニメ「ドラえもん」のオープニング曲が変わっちゃいましたね。なんだよ「ハグしちゃお」って……。随分と前から曲が変わるっていう発表はされていたので、ある程度は準備出来ていたものの、……逆に言えばコレ、予め知らないでイキナリ変わってたらショックの余り即手首切っちゃうくらいの衝撃事件ですよ。……知ってた事とはいえ、それでもやっぱり相当ショックはショックだったけど。

 まあ、ここんとこのドラえもんリニューアル路線のせいでオープニング曲の方も東京プリンが歌ったり、渡辺美里が歌ったり、さらには女子十二楽坊のインストになっちゃったりとかなりヒドイ扱われ方をされてたんですが、ボクらオールド・スクールなドラえもんファンの最後の望みは、どんなにメチャクチャなアレンジをされちゃってても、「ドラえもんの歌」は「ドラえもんの歌」だから……という所にあったんですよ、……しかし、それすらも遂に断ち切られてしまいましたね。

 今年になって声優総取り替えされた時にも相当ショックで死亡寸前まで追い込まれたのに、今度は子供の頃から死ぬほどお馴染んでいたオープニング曲まで変えちゃうとは……ホント、何考えてるんだろーなー、スタッフは。

 声優交代に関しては、平均年齢68.5才と前の声優陣たちが高齢化していた事もあり、「ドラえもん」を今後さらに数十年にわたって続けていくためには仕方がない……という事で、まあ納得出来ない事はないんだけど、オープニング曲を変える必要性は全くないと思いますけどね。

 まあ、最後の救いとしては新しく採用されたオープニング曲が、最近のアニメ主題歌にありがちなタイアップ狙いの、アニメソングっぽさゼロな曲ではない事くらいでしょうか。作詞・阿木燿子、作曲・宇崎竜童の夫婦コンビって「オバケのQ太郎」の主題歌とか作ってたしね。歌ってる夏川りみも別に悪くはないと思う。単純に曲単体で聴けば、クソ忌々しい東京プリンが歌った「ドラえもんの歌」よりは遙かにアニソンとしてイイ雰囲気の曲なんじゃないかと思うんだけど……。

 コレがエンディング曲だったら何も文句なかったんだけどなぁ〜。もしくは夏川りみがこういうテイストのアレンジで「ドラえもんの歌」を歌うっちゅうんだったらどれだけマシだったか……。

 声優変わったという事で、昔からのファンのアニメ離れは相当進んだと思いますが、オープニングまで変わっちゃった事で、さらにそれは進行しちゃうでしょうね。

 ただ、声優変わって以降のアニメ「ドラえもん」。当然、声優変わった事による違和感はバリバリあるし、絵柄も変わっちゃってるので、とっつきづらくはあるものの、ストーリー自体は(今のところは)ヘタにオリジナルの話を作らないで原作漫画のイイ話を割と忠実にアニメ化しているので、その点に関しては見てて楽しいんですよね。

 とりあえず、ボクはどんなにメチャクチャになっちゃっても
意地でドラえもんだけは見続けますけどね。映画「のび太の恐竜2006」も相当イヤーな予感はするものの見ますよ、そりゃ! ドラえもん2006年カレンダーも買ったし!
posted by 北村ヂン at 03:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。