2006年06月29日

いらないサイン

 ボクは、あんまりサインとか欲しいとか思わないタイプなんだけど、ここんところ仕事がらみやなんやらで、よくサイン会に行ってるような気がする。この間行った、元ドラえもんの声優である大山のぶ代のサイン会は嬉しかったなぁ。ちょいドラ声で「名前はヂンくんでいいですか」とか言ってくれて! 目の前にいるのは自分の母親よりも年上の老婆なんだけど、一瞬胸ときめいたもんなぁ!

 ところで、ボクが生まれて初めてもらったサインは、ガンダムのサインだった。富野由悠季のサインじゃないよ、ガンダムとシャアザクのサイン。

 いわゆるデパートの屋上でよくやってる着ぐるみショーの後に行われたサイン会でもらった物なんだけど、コレ、アムロとシャアのサインだったらまだわかるけど、ガンダムとシャアザクのサインだからね。今になって思えばモビルスーツのサインって……。

 サインを書く用の長机にガンダムとシャアザクが仲良く並んで座って、せっせとサインを書いているという、ガンダムのイメージぶちこわし、全然嬉しくないよ的な光景が繰り広げられていたんだけど、小学校入ってたか入ってないかくらいの当時のボク的にはすっごい嬉しくって、額に入れるくらいのイキオイでメチャクチャ大事にしていた記憶がある。

 今思えば、あんなモン売れない劇団のおっさんとかが中に入ってて、テキトーに「ガンダム」とか「ザク」とか書いてただけなんだろうけど(サインがまた何の工夫もなく、普通のカタカナで書かれてるんだ)、思いっきり子供騙されてたなぁ。

 でもこのケースはまだ、普段から着ぐるみショーで全国を回ってサイン会をやっているおっさんが中に入っているんだろうから、ある意味サインは書き慣れているということでまだマシとも言える。

 ちょっと前に、テレビ等では一切放映されておらず、名前もダジャレ的センスでつけられて、着ぐるみも近くで見たら非常に作りがアマイ感じの、非常にユルーい某ローカルヒーローの取材に行ったことがあったんだけど、その時のサイン会はすごかった。

 大人的な感覚としても、中にわけのわからないおっさんが入っているとはいえ、まだ「ゴレンジャー」とか「サンバルカン」等のテレビに出ている着ぐるみであれば、サインもらって嬉しいという気持ちはわからないでもない。でも、さすがにヒーローの着ぐるみ着てるっていっても、テレビでも雑誌でも見かけたことがないようなマイナーなローカルヒーローのサインなんか欲しくないと思うでしょ? しかし子供ってヤツは、大人の想像よりも遙かに子供騙されるヤツらなんだ、コレが。

 さすがに子供も、ショーが始まる前には名前も聞いたこともないようなヒーローに対して「そんなの観ても楽しくないよ」的な冷ややかなリアクションを示していたのだが、いざショーが始まったら興奮しっぱなし。ボクから観れば、後楽園とかでやってる本職のアクターに比べれば相当ショボイアクションなんだけど、子供は赤青黒黄ピンクの五色の人が怪人と戦っているというシチュエーションだけでパブロフの犬ばりに反応し、一気にアドレナリン大放出。仕舞いには、さっきまで名前もしらなかったヒーローの名前を「負けるなー○○レンジャー」とか、大声で連呼しまくってたからね。

 ショーが終わった後も子供たちの興奮は収まらず、ステージから降りてきた○○レンジャーを取り囲んで握手&写メール責め。そのくらいはボクも予想してたんだけど、何を思ったかその中の一人が「サインちょうだい!」と言い出しメモ帳を差し出したのだ。いくらテンション上がってる時だからって、欲しいか!? ○○レンジャーのサイン。

 しかも、サインっつっても、中に入ってる人はあんまりこういうショー経験のないただの学生バイトだし、サインを求められることなんて想定していないだろうし、どうするのかなー? と思いながら見てたら、……ちゃんとサインしてあげてたね、エライ! 子供の夢を壊さないヒーローの鏡だね!

 しかし、そのサイン帳をのぞいてみたら……○○レッドの中の人、いきなり予定外のサインなんて言われて舞い上がっちゃったのかな。サインしてるのはいいんだけど、思いっきり「山田太郎」とか自分の名前書いちゃってるの。で、他の青とか黄色とかの人は明らかに「違う! 本名書くな!」とうろたえてるんだけど、最初のレッドが本名書いちゃってるし、ここで「山田太郎、○○ブルー、○○イエロー……」というサインになっても……ということで、メモ帳を回される人回される人、自分の本名を書いていき、最終的にはどこの誰だかわからない大学生の名前が五つ記入されているというだけという、ほぼ寄せ書き状態の、シュール極まりないサインが出来上がっていた。笑ったなあ、アレは。

 しかも、一人の子供がそうやってサインをもらったことによって、他の子供たちの中にも「なんかサインもらわなきゃソンだ」的な雰囲気が生まれてしまい、一気にサイン責め状態に。さらに、当の○○レンジャーの人たちも、さすがにさっき書いた本名サインは明らかに間違っていた、と気付いている風だったのだが、最初の一人に本名でサインしちゃった手前、他の子に「○○レッド、○○ブルー……」というサインをするわけにもいかず……、結局他の子にもシュールな本名サインをしまくり、謎の寄せ書きが量産される結果に。

 その上、そんな所に色紙を持ってきている人はいないので、みんなしてカバンやらTシャツやら、「そんな所に、ほぼ落書き同様のサインなんか入れちゃっていいの」というような物にガンガンサインをしてもらっていた。その中でも一番衝撃的だったのが、車椅子に乗った子供が、その車椅子にサインをしてもらっていた姿。……イヤ、コレが「ゴレンジャー」「サンバルカン」クラスのサインだったら、「ボクもこのサインを励みに歩けるようにがんばろう!」とか思えるんだろうけど……。

 あの子が、ショーを観たテンションも収まった頃、自分にとって足代わりと言うべき大事な車椅子に書き込まれた、どこのどいつだかわからない大学生五人組の名前を見た時に……どう思ったのかなあ。




<大人気! 出会い系居酒屋プラスワン!>

6月30日(金)※深夜
出会い系居酒屋プラスワンpresents48
「女性入場無料!友達100人できるかな特別編さかぢんnoばぁ〜」

【司会】北村ヂン(出会イスト)、酒井一圭
【場所】ロフトプラスワン
OPEN / START 24:00
【チャージ】女子入場無料、男子1500円(1D付き)
http://www.doutei.com/
posted by 北村ヂン at 04:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

お兄ちゃんって言われたい?

 最近、「童貞.com」などと銘打ってサイトをやってるわりに、あんまり「童貞童貞」言わなくなってしまった。

 ひとつには「童貞」っていうキーワードにちょっと飽きちゃったというのもあるんだけど、それ以上に感じているのは「もうオレら、旧世代の童貞(DT)なんじゃないか……」ということ。

 なんちゅうか、『電車男』なんかで一気に一般的認知度が上がった、2ちゃんねるや秋葉原周辺の、いわゆる「萌え」系とでもいう、童貞カルチャー(表現として間違ってるかもしれないけど、まあ要はそういうことなんでしょ?)に対して、全く夢中になれないのだ。

 美少女ゲームとかエロゲーとか全然やんないし、持ってるフィギュアといえば「藤子不二夫Aの世界」と「コミックテイストフィギュア・ドラえもん」くらい。漫画は死ぬほど読んでいるものの、萌え要素のある漫画なんて全然読んでないし(なんせ好きな漫画『自虐の詩』とかだしね……)。

 メイド喫茶とかも、何回か行ったことあるけど、メイド喫茶だっつうのにメイドと会話もせずに延々一人でNintendo DSやってたり、漫画読んでたり、宇宙からの電波を受信してる人たちは、何が楽しくてメイド喫茶に行ってるのか理解出来ない。

 そんな感じで、ムーブメントとしての秋葉系童貞文化には興味があるものの、自分ではほとんど楽しむことが出来ないので、「もはやボクってオールド・スクールな童貞なのかなー」と悩んじゃったりするのよ。……ま、30歳超えて童貞もクソもないんだけどね。


 んで、今度、こんなものが発売されると知って、ますます「この文化は理解できない……」と悩んでしまっているのだ。

3458_main.jpg

 これは、とにかく「お兄ちゃん」と呼ばれたい妹萌えな人のために作られたCDで、延々と「お兄ちゃん」というセリフが収録されているという代物。しかも色んな雰囲気やパターンでの「お兄ちゃん」が録音されていて、なんと12人の声優が「すごく照れながら」「おねだりするように」「甘えるように」「ちょっと切なく」など、それぞれ100通りのシチュエーションで、つまり全1200通りの「お兄ちゃん」が収録されているんだそうな。

 同じセリフを100通りものバリエーションで言える!? いくら声優とはいえスゴイ! そういう意味ではちょっと興味あるけど……。しかし「お兄ちゃんお兄ちゃん」延々言ってるCDなんかヘッドホンとかで聞いてたらソッコー気持ち悪くなっちゃうと思うけどね。コレ、ネタとしてはちょっと欲しいけど、本気で買う人もいるのかね?

 そもそもボク、「萌え」という概念自体があんまり理解出来てないんだけど、その中でも特に「妹萌え」は非常に理解出来ない。……というか、ボクの家、実際に妹が二人もいるもんで、妹に対する幻想を全く持てないんだよなぁ。

 自分にちょっと似てるブッサイクな顔を持った女。しかも自宅だと思って相当気ィ抜きまくって、ノーメイク、ジャージで、テレビ観ながら屁とかバンバンこいてるような妹に胸ときめく要素なんて皆無だよ。「妹萌え」とか言ってる人って実際には妹いない人でしょ、絶対。

 ま、そういう意味では、ボクには姉はいないので、「もしエロくて美人な姉ちゃんがいたら、お風呂上がりとかバスタオル一丁でリビングをウロウロしちゃって、時々チラリとおっぱい見えちゃったりして、ほんでボクがオナニーしてる最中にいきなり部屋に入ってきて、『そんなに溜まっちゃってるの? お姉さんが手伝ってア・ゲ・ル』とか言って……」なーんつう姉妄想はものすっごい抱いてた時期はあったけど……。それと同じことなのかなぁ。

 でもボク、「お兄ちゃん」とも「弟」とも別に言われたくないしなぁ。さらに言えば「ご主人さま」とか言われてもぜーんぜん嬉しくない。……やっぱ時代に乗り切れてないなぁ。その辺の楽しさ、嬉しさを、ボクに教えてくれる人がいたらメール下さい。




asahi_7619.jpg 童貞冒険王・北村ヂンさん率いる青春メンヘル系パンクロッキンバンド・アサヒが懲りずにライブをやるよ!
2006年6月22日(木)at 渋谷GIG-ANTIC
アサヒ / GREEN HILL(大阪) / SEIJI106 / ASSHOLE UNITE
Open18:30 / Start19:00

アサヒホームページ http://blog.livedoor.jp/punxjk/
携帯版 http://www.doutei.com/asahi/i/




<大人気! 出会い系居酒屋プラスワン!>

6月30日(金)※深夜
出会い系居酒屋プラスワンpresents48
「女性入場無料!友達100人できるかな特別編さかぢんnoばぁ〜」

【司会】北村ヂン(出会イスト)、酒井一圭
【場所】ロフトプラスワン
OPEN / START 24:00
【チャージ】女子入場無料、男子1500円(1D付き)
http://www.doutei.com/
posted by 北村ヂン at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

もう随分前の話になりますが

 イヤー、ここんとこまたビミョーに忙しくって、全然ここの更新出来ないでいました。思いっきり開いちゃってるもんなぁ。

 んで、その間何をやってたかというと、ライブハウス・新宿ロフトのヒストリー本「ROCK is LOFT 1976-2006」っていう本と、B&Bの島田洋七と若手芸人の対談集「がばい芸人(仮題)」っていう本を主に書いたり編集したりしてたんですよ。「ROCK is LOFT」の方ではボクが中高時代に思いっきり影響を受けたナゴム代表のケラさん、大槻ケンヂさん、あとバンドブーム直撃世代には涙モンのニューロティカにインタビューしたりしてます。両方とも間もなく発売されると思うんで、興味ある人は読んでやって下さい!

 イヤー、4月〜ゴールデンウィーク〜5月にかけて、サイトに書きたくなるような面白いことが結構色々あったんですけどね。……ほっとんど忘れてしまいましたね。なんかね。最近物忘れがホントに激しいの。冗談じゃなく「あれーっ、今日って昼メシ食ったっけかなー?」とかホントにありますからね。

 普段から生活時間帯がメチャクチャなもんで、昼飯を11時くらいに食べる時もあれば15時くらいに食べるときもある。なんなら17時くらいに食べる時まであるもんで、たとえばその日は11時に昼飯食ってたにも関わらず、15時になった頃に「あっ、そろそろ昼飯食わなくちゃ」とかあるんですよ。もう、早くもボケ老人の域ですよ。ヤバイわー。


DSC_3670.jpg
 そんなボクが奇跡的に覚えていたゴールデンウィークの出来事。……話題としては相当旬を逃してますが。

 あの、ゴールデンウィーク中に韓流スターのイ・ビョンホンだかイ・ヨンスプだかの(ヨンスプは野球の人か?)東京ドーム公演があったじゃないですか。当然、それを観に行ったわけじゃないんですが、その日たまたま用があって東京ドームシティに行ってたんですが、すごかったですねぇ、韓流ババァたち……。

DSC_3660.jpg おそらく会場のオープンは18時とかからだと思われるのに、昼の14時からドームの外には韓流大好きババァの大行列……。会場オープンのはるか前から、会場の外でグッズが売っていて、みんなそれを買うためにガンガン並んでるんですね。

 その、並んでるおばちゃんたちがまた、みーんな「ビョン様に会うんだから」という事で死ぬほど気合い入った格好してるんですよ。なんちゅうかですね……授業参観みたいな格好っていうんですか? そういう格好のおばちゃんたちが数百人単位で並んでるんですよ。心なしか、近辺の空気自体も、授業参観を思わせる感じの何ともいえない化粧臭〜い感じのスメルを放ってるし。

DSC_3688.jpg んで、その日は非常に天気も良く、暑かったもんで、グッズを買い終わったおばちゃんたちはみーんな揃いも揃って「イ・ビョンホン」とか書かれた「E・YAZAWA」的なタオルを頭からほっかむりしてその辺に座り込んでるし。

 さらに、ドームの近くって馬券売り場もあるんで、メチャクチャ着飾ってタオルをほっかむりしてるおばちゃんの姿を、薄汚い格好&片手に競馬新聞を持った肉体労働者風のおっさんが遠巻きに眺めているという……どこかにあるというユートピアっちゅうか……なんか変な空間だったなー。


 ほんで、そんなエキセントリックな光景をニヤニヤしながら観察してたら、急にお腹が痛くなっちゃいましてね。……腹痛というか、明らかに便意っていう感じの痛みですよ。

DSC_3687.jpg 便意を感じてから、ごく短時間でウンコを漏らしてしまう事でお馴染みの、ユルイ肛門を所有しているボクなので、「こりゃヤバイ」という事で、近くにあった東京ドームホテルの便所に行くことに。

 すると……ここにもおばちゃんの行列! ビョン様グッズ売り場で並んでいる間に便意を催してしまったおばちゃんたちがみんなこっちに流れて来ているみたいなんですよ。

 まあ、幸い男便所の方はガラッガラだったので、便意を必死にこらえて鬼の形相になってるおばちゃんたちを尻目に、男子便所に駆け込み、レッツ・ウンコ。すると……。続きを読む
posted by 北村ヂン at 05:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。