2007年09月26日

20歳芥川賞作家の小説が蜷川幸雄監督で映画化!

という見出しが朝のワイドショーで出ていたので、「えっ、綿矢りさちゃんの『蹴りたい背中』映画化すんの!?」と思い、

……映画化するのはともかくとしてなんで蜷川幸雄なのだ!? すんごい若者感覚な話なのに……。まさか「にな川」(小説の登場人物)つながりじゃないだろうな? いや、でも中途半端に「すっごい共感できます」とかいってる新進気鋭の若手女性映像作家みたいなヤツに映画化されるよりはマシなのか!?

とかなんとか、一瞬のうちに色んな考えが脳内を駆けめぐっていたのだが、よくよく観てみたら、金原ひとみの『蛇にピアス』の方だった。そういや綿矢りさちゃんは19歳で受賞だったわ。……金原ビッチーの方の小説なら映画化でもなんでも好きなようにしてください。

しかし『蹴りたい背中』の方も、あれだけ話題になったんだから映画化等の話が来ていないわけはないと思うのだけれど、今のところ実現していないということは、りさちゃん的には上戸彩・主演で映画化された『インストール』で懲りちゃったんだろうか。

そういや、この間やっていた『あらすじで楽しむ 世界名作劇場』という、伊集院光もラジオで酷評していた、「こんなもん観ただけで名作を読んだ気になるんじゃねえ!」的番組の中で『蹴りたい背中』も紹介されていて、そこでちょろっと映像化されていたらしい。コレ、見逃しちゃったんだよなー。どうだったんだろう……。

まあ出演の中にハリセンボンが入っている段階で、あんままともな映像化じゃないだろうことは容易に想像されるけど。
posted by 北村ヂン at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

念願の!? はだしのゲン イベント開催!

2007年10月16日(火)
はだしのゲン学会・第一夜
 「『はだしのゲン』オルタナティブ講座

おどれらチンポさかむけにしたる! あのトラウマ・レペゼン漫画、「はだしのゲン」が、この夏のドラマで大ブレイク!? 現在、グーグル検索八分中の「はだしのゲン」公式サイトのきちがい管理人「みち」と、童貞評論家にして「はだしのゲン」マニアの「北村ヂン」が、昭和最後のパルチザン「はだしのゲン」をアブストラクトに大研究! 「はだしのゲン」ゲノム解析は、ここまできている? 「はだしのゲン」大ブントの嵐がネイキッドに吹き荒れる! 日本人がいちばん、はだしのゲンを知らない……。

【出演】北村(童貞.com)、みち(はだしのゲン日記)他
【日時】2007年10月16日(火)OPEN18:30/START19:30
【料金】前売¥1,000/当日¥1,300(共に+1drinkから)
【場所】新宿Naked Loft
【お問合せ】新宿ネイキッドロフト03-3205-1556(16:30〜24:00)
http://kamatatokyo.com/hoge/hns-lite/

posted by 北村ヂン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。