2008年03月29日

クラス内恋愛ってうらやましいよね

メールで教えてもらったんだけど、金八先生第八シリーズの生徒、北山大将役の亀井拓くんと、佐藤千尋役の森部万友佳ちゃんの明らかに付き合ってるだろ的なプリクラが流出して一部でえらい話題になってるようで……。へーっ、へーっ、そーだったのかッ! 全然知らなかった。

大将(亀井拓)がジャニーズ事務所ということもあり、なんでも大将の方は無期限活動停止、千尋の方は事務所をクビになったとかなってないとかいう、かなり重い処分が下っているようで……。いやあ、アイドルも大変ね。

この大将、今回のシリーズにおいてかなりメイン級の役で、ものすごーく友達思いだったり、ものすごーく父親思いだったりする、「こんないいヤツいないだろ」と思うくらいホントーにいいヤツで、その上、そんなにいいヤツなのに家庭の事情でちょっと生活が荒れちゃって……みたいなチョイ悪的要素なんかも入ってきちゃうという、「脚本にジャニーズ・パワーが影響してるんじゃないか」なんて勘ぐりたくなるくらい、狂おしいほどにいい役だったのだ。もちろんボクも大好きな生徒のひとりだった。

さらに大将役の亀井くん自身も、極めてイケメンであることはもちろん、男のボクから見てても妙な色気をプンプン感じさせる雰囲気を持ってたりして、ボク的にはホモ属性は全くないのに、大将を見てるとチンポが甘勃起しちゃうくらい、出色のイケメンなのだ。

そこまでプラスの要素が積み重なってたら、そりゃあモテまくりで当然なんだろうけど、ここで今回ボクが大好きだった女性徒、森月美香とか江藤清花あたりと付き合っちゃったとなるとかなり印象が悪かった。……というかぶっ殺す。しかしそこで、まあまあ微妙フェイスの千尋と付き合うあたり……やっぱり大将はいいヤツな気がする!

さて、一方千尋はどんな役だったかと言うと、ちょっとスポットが当たった時期はあったものの、シリーズ全体としてはそんなに重要ではない、地味目なポジションの役だった。

金八において女子生徒は、「こんな娘、クラスにいたらどうにかなっちゃうよ」級の超かわいい枠、「なんか普通にクラスにいそう」という普通枠、そして「本来だったらテレビに出るようなツラじゃないけど、リアリティを追求すべくあえてまぶしているんだろうな」って感じのブサイク枠の三つに分かれていて、それがバランスよく配合されていると思われるんだけど、まあ千尋はその中で言うと、ややかわいい寄りではあるものの、クラスにいても不思議じゃないくらいの普通枠。

もっとかわいい娘はいっぱいいたのに、千尋を選ぶなんて……なんていいヤツなんだ、大将はッ!

まあ、ジャニーズ・ファン的には逆に「なんであんな大してかわいくもないヤツと付き合うのよッ! ムキー!」みたいな気持ちもあるんだろうけど。ボクも金八出演当時の上戸彩ちゃんが、3Bの中でも中途半端なルックスの男子生徒と付き合ってたとしたら、地団駄踏んじゃうもんな(いや、格好いいヤツと付き合ってても、それはそれでムカツクか)。同じクラスとか同じバイト先とか、まあ同じドラマとか、そういう閉鎖された空間って、普通だったらあり得ないだろうというアンバランスなカップルが、いとも容易く成立しちゃったりするマジックがあるんだよね。……何でボクは男子校なんかに行ってたんだろ……。

しかし、3年B組の生徒の間では伝統的に「もしクラスに好きな人が出来ても、撮影が終わるまでは告白しない」という暗黙のルールがあるって噂を聞いてたんだけどなぁ。それなのに、問題のプリクラを見ると、3月5日の時点で「祝・1ヶ月記念日」との表記が……。それはいかん、いかんぞ、大将! ……久々に金八から大ブレイクする生徒が出てきたかと思ってたのに活動停止になっちゃって、これからどうなるんかな?


どうでもいいけど、こんな話もあるそうで……なんだかなー、なんだかなー。

 
posted by 北村ヂン at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

ウチのテレビが……

DSC_0348.jpg
とうとうお亡くなりになったようです……。

まあ、かなり前から調子は悪くって、観ていると段々画像が細長〜くなっていくという現象は起こっていたんですが、側面をバーンとぶっ叩くという三丁目の夕日的修理方法でなんとかごまかしていたんですが……、遂にどんなにぶっ叩いても画面は光の線が一本表示されるのみでウンともスンとも言わなくなっちゃいました。ギリギリ金八先生の最終回を観ることが出来たんで、そこはラッキーでしたが。

まあ、そもそもがこのテレビ、ゴミ捨て場から拾ってきた物なんで、最初っから壊れててもおかしくなかったような代物。拾ってから八年近くもの間、使い続けることが出来たということの方がミラクルと言うべきでしょう。

しかし、ボクもひとり暮らしをはじめて十数年が経ち、ひとり暮らし当初に買った家電製品が次々と壊れ出してます。冷蔵庫も、今が冬だからいいものの、どうもいまひとつ冷却能力に信頼おけない感じだし、洗濯機は回すたびに尋常じゃない機械音が鳴り響く始末(綺麗になってるのかどうかもアヤシイ)。掃除機は……もう完全に壊れてるんだけど、最近は掃除自体まったくしてないのでこれはまあいいか。

いやあ、その辺を全部買い換えたら出費かさむなぁ〜……。とりあえず、テレビが見れないのは非常に悲しいんでどうにかしたいんですが、いよいよウチも液晶テレビ導入か!? どうせ地デジ完全移行の時期まで待てば、もっと安くなるだろうから、そこまで引っ張りたかったんだけどなぁ。そもそも、パソコンとかのスペックの見方は分かるんだけど、テレビのスペックって何がどう違うのか全然分からない。どんなの買えばいいんですかね? とりあえず大きさだけの問題?
posted by 北村ヂン at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

金八先生第八シリーズ最終回でしたね

DSC_0338.jpg「3年B組金八先生」第八シリーズ最終回でしたね。

今回のシリーズはボク的には今ひとつノリ切れなかったので、あんま盛り上がれなかったんだけど、まあ、何だかんだ言って最後までバッチリ見てしまった。

ここ何回かのシリーズだと、最終回は2時間だったり4時間だったりというスペシャル放送となるのが恒例だったのだけれど、今回は視聴率が低調だということも関係あるのか通常の一時間放送ということで、多分予定していた内容もかなりはしょっらざるを得なかったんだろうな……という印象。卒業式での、生徒の名前の読み上げもなかったし。

ただ、答辞を3Bの生徒全員でやったり、それぞれに漢字一文字を贈るシーンなんかはキッチリとやってたので、「ひとりひとりの生徒にスポットを当てる」という今シリーズのテーマ的には正しい最終回ではあったのかなと。

全体的に見て、極端に派手な事件がなかったので地味な印象ではあるものの、完全に脇役みたいな生徒はなく、全員に一回はスポットが当たっているというコンセプトは悪くなかったし、学園ドラマとしてはイイ雰囲気は出ていたと思う。

ただやっぱり、全員にスポットを当てるのには2クールでも時間が足りないのかなー……と。なんだか解決したんだかしてないんだか、その後どうなったんだ! みたいなエピソードがいっぱいあったからなぁ。幸作の進路も、乙女の恋の行方もうやむやのまま終わっちゃったし。

その辺が今ひとつ消化不良なもんで、ボク的には盛り上がり切れなかったのかもしれない。……まあ、それでも何回か泣いたんだけど。

まあ、願わくば二年後くらいに第九シリーズをやって欲しいッ! そのくらいで年齢的には金八も定年退職だろうから、そこまでキッチリやって欲しいッ! そしてもっと言わせてもらえば、現在教師を目指している息子の幸作にバトンタッチして、新シリーズ「幸作先生」をスタートさせて欲しいッ! ……無理かなぁ?


いやあ、やっぱり第二シリーズは名作だなぁ。


ニコニコ動画見れる人はこちらの方がオススメ。
posted by 北村ヂン at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表現意欲暴走芸人大集合!?

ボクは面白いものは好きなんだけど、実はお笑い芸人はそんなに好きじゃない。……いや、好きじゃないってこともないんだけど、ここ数年の若手お笑い芸人ブームでよくお見かけする、クラスで人気のひょうきん者がそのまま芸人になった感じの、人生に対して全く憂いを感じさせないタイプのお笑い芸人が大っ嫌いなのだ。

まあ、ボク自身が中学高校の頃、そういうクラスの人気者たちが盛り上がってるのを見ながら「ケッ」とか思いつつ、クラスの反主流派の生徒たちを集めてコソコソと暗躍している、いわゆるクラス内テロリスト・タイプだったので、そういう人気者たちをただ単に妬んでるだけなんだけど。

もちろん「面白い芸人」に対するリスペクトの気持ちはすごくある。でも、クラスで人気者になるひょうきん要素と芸人の「芸」って全く違うもんだろうとも思うので、まあそんなヤツらが芸人になったところで、面白いもんかいと思っている。どーせ、そういう人たちは芸人になった結果、合コンとかしまくってモテたいだけなんでしょ?

一方、クラスでもうだつの上がらない位置に存在し、鬱屈とした青春時代を送った結果、そのネガティブ・パワーを自己表現の方向に昇華させた結果、もはやどこにも行き場がなく芸人になっちゃったというタイプの芸人たちは非常に好感が持てる。



まあ、ここ数年でボクが好きになった芸人でいうと猫ひろしとか、佐々木孫悟空とか、鳥居みゆきとか、元氣安とか、亀子のぶおとか……。こんな人たち、まともな学生生活送ってきたわけないもんな。

芸風も、どう考えてもモテとは逆ベクトルに突っ走っているし、テレビ対応を考えているとはとても思えない。とにかく自分の表現意欲が暴走して狂おしいまでにほとばしっちゃってるヤケクソに近いくらいメッチャクチャな芸風。そういう芸人がボクは大好きなのだ。

こういう人たちが、まかり間違ってテレビとか出て、人気が出てきたりするとホントーに嬉しいし、出来ることならばこういう人たちばっか出てくるゴールデンの番組を作ってもらいたいくらいなんだけど、まあなかなか……ねえ。

……というわけで、この手のテレビではそうそうお目にかかれない表現意欲暴走しまくりの人たちを次々と見たい! と、ボクが何年か前から不定期に行っていたのが「プラスワン★ゴングショー!」というイベント。

とにかく出場へのハードルを全く設けず、まともな脳みそを持ったイベント企画者だったら絶対にこんなヤツ出さないだろうっていう人まで、とりあえずステージに上がってもらってパフォーマンス(お笑いに限らず、歌、ダンス、手品などなんでもアリ)を見せてもらうという非常に実験的な企画だったんだけど。まあ、ホントに箸にも棒にもかからないなぁ……っていう人から、こんな人がアンダーグラウンドに埋もれていたとはッ! みたいなスゴイ人まで、カオス状態で色んな人が出てくれてボク的には非常に面白いイベントだった。

ただ、出場者を募集したり、仕切ったりするのが結構めんどくさいわりに、やっぱり知らない人ばっかり出るイベントにお客さんもそんなに来るハズもなく、なんとなーくフェードアウトしちゃっていたのだが、今回ネイキッド・ロフトの石崎くんがその辺の運営関係を手伝ってくれるということで奇跡の復活をとげることになったのだ!

2008年4月1日(火) at Naked Loft
ルーフトップ★ギャラクシーpresents
「サブカル・スカウトキャラバン!〜復活!ネイキッド・ザ・ゴングショー!」


一応、今回からはさすがに最低限のレベルは確認しておこうということで、あらかじめゆるーいネタ見せをさせてもらってるのだが、まだまだ世の中には逸材が埋もれているんだなぁ〜……と。

そんなネタ見せの結果、現時点で決まっている出演者はこんな感じッ!

関口真吾大門与作スタイリッシュ・ハート小糸チクワバード238開幕ペナントレース、あしとみしんご、まぁこ鳥居孝行めんこい内村からさわたくま、藤波かよ子、ADマーフィー虹の黄昏、デイエノボル、このみ、ディーゼルエンジン、Pマン、パニエ、SMひとり


……どーよ!? おそらくひとりも知らないでしょ? ボクもネタ見せするまでは、ほとんど知らない人たちばっかだったもん。誰が何の人なんだかすら判別不能だと思うけど、お笑いを中心に、アイドル、ダンス、物まね、キチガイ・パフォーマンス等々、幅広いジャンルの人が集まってくれたのだ。

すっごい面白い人もいるよッ! ……そして心の底から面白くない人も(あえて)混ざってるよ!

こんだけ名前も知らないような人たちが続々と登場して、しかもクオリティーのチェックも適当なんてイベント、他じゃあんまりないでしょ!? 多分全部見たら脳みそがジンジン痺れてくると思う。でも、「すっごいイベントを見てしまったッ!」と思わせる自信はあるよ。……イヤ、あんま責任持ちたくないけど。

とにかく、有象無象の無名な人ばっか登場するイベントなので、集客はどーなるか全然分からないんだけど、絶対楽しめる! ……と思うから、お暇な人は是非に来てみてください。調子よければ今後また定期的に開催していきたいと思ってるんで!

2008年4月1日(火) at Naked Loft

ルーフトップ★ギャラクシーpresents

「サブカル・スカウトキャラバン〜復活!ネイキッド・ザ・ゴングショー!」


テレビではまずお目にかかれない、表現意欲が大暴走しまくった次世代のサブカル・パフォーマーたちが一同に介する一大エンターテインメント・ショウ! お笑い、アイドル、歌、ダンス、モノマネ、イケメン、キチガイ・パフォーマンス……等々ジャンル不問でとにかく本当に面白いヤツらだけがパフォーマンスを続けることが出来る、超カオスなイベント! 青田買いもいいところな、荒削りな才能を見届けろッ!

【出演】北村ヂン(ギャラクシー編集長)&急行、他、豪華審査員陣、交渉中!!

OPEN18:30/START19:30
当日のみ¥1,000(+1drinkから)


あ、あと、方向性は180度違うけど、今週末はこんなイベントもやります!

2008年3月22日(土)※昼 at LOFT/PLUS ONE

「喜屋武ちあきオフ会」


kyanchi0803.jpgきゃんちのオフ会! 当日は、お客さんから募ったテーマに沿ったトークを行います。また、当日行われるきゃんち検定(クイズ)成績優秀者には驚きのプレゼントが!!

Open 13:00 / Start 14:00
¥1500(当日券のみ/飲食別)

※入場条件 DVD『きゃんちmyself』1本以上持参の方(DVDをご持参頂けないと入場できません)


きゃんちは、最近実際に会ったアイドルの中では、「いやあ本当にかわいいな」レベルが非常に高かった子ですな。……つーか、写真写りがあんまりよくない感じがするんだけど、実物は身もだえする程にかわいいですヨ! DVD持ってこないと入れないという、ちょいとハードルが高いイベントですが、興味ある人は是非ッ!
posted by 北村ヂン at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

スマッシュブラザーズのCM

ネットで見つけた海外版の「大乱闘スマッシュブラザーズ」のCM↓

いやあ、何か見てはいけないものを見てしまったという気が……。ヨッシーがピカチュウを蹴り倒し、マリオがドンキーコングをタコ殴りにし……。でもまあ、あのゲームって、要はこういうことやってる訳だからね。

同人ゲームでこんな内容のものを作ったら絶対訴えられてただろうに、それがオフィシャルで出てるっていうのはスゴイよなぁ〜。




……ところで、今週の水曜日、こんなイベントの司会をやりますんで、お暇な人は是非遊びに来てくださいね! ロフトの新店舗・阿佐ヶ谷ロフトAでの初司会になります。

080312.jpg3月12日(水)at 阿佐ヶ谷ロフトA

ルーフトップ★ギャラクシーpresents

『妄想ボイスLIVE!!』〜『おにいちゃんCD』最新作発売記念・いもうと&おねえちゃん萌えナイト〜


凄まじいセールスを記録した『おにいちゃんCD』に始まる「妄想ボイスCD」シリーズ最新作2タイトルが2月に発売!ルーフトップ★ギャラクシーではそれを記念して、世界初(?)の試み「妄想ボイスLIVE」を行っちゃいます!当日はシリーズプロデューサーIKUTOを交えたトークや、妄想ボイス初体験な乾曜子(よきゅーん)をゲストに迎えた妄想ボイス公開録音、さらに当日録音した妄想ボイスをその場でCDにして完全限定即売会を実施!もちろん、言って欲しいボイスのリクエストもアリ! 素敵な異次元空間へようこそ!!
【出演】 姫騎士オフライン(秋山えりか、IKUTO、RODY) 、乾 曜子中野腐女子シスターズ
【司会】北村ヂン、前川誠
OPEN 18:00/START 19:00 前売り¥1,500/当日¥1,800(共に飲食代別)
posted by 北村ヂン at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長く続いてりゃ駄作の回もあるよね、たまには

12a270012ed9e5ccb5fc3c6626e4caeb.jpg幸作といえば……今、テレビでは金八先生の第8シリーズがやっている。

大体いつもだったら金八の放送がはじまると、何だかんだで大騒ぎしているんボクなんだけど、今回は……うーん、イマイチ盛り上がっていないのだ。もうすぐ最終回という、例年だったらものすごく佳境に入っている時期なのに、全然盛り上がらないのだ。はじまる前は「放送開始直前スペシャル」とかを録画したりするほど、楽しみにしていたのになぁ……。

盛り上がっていない原因としては、武田鉄矢がさすがに年取り過ぎてて、ただのおじいちゃん先生になっている。家に帰って録画してあるのを見るのを待ちきれなくて、最近手に入れた携帯のワンセグで見ちゃってるので画面がちっちゃくて全然感情移入できない……等々、色々あるっちゃああるんだけど、根本的な問題として、話自体があんまり面白くないと思う。うーん、何ていうか……DA・SA・KU!?

第5、6、7シリーズでの、メイン生徒を中心にストーリーを進めていくという手法から、原点回帰して毎回生徒ひとりひとりにスポットを当てていきクラス全体を描いていく、というコンセプトに変えたのはいいと思うんだけど、ちょっとそれがから回っているというか……。生徒ひとりひとりを丁寧に描いていくにしては、それぞれの個性のつけ方が極端すぎるのだ。

まあ、今までも性同一性障害だったり、シャブ中だったりといった極端な生徒はいたものの、それはそのシリーズのメインの生徒だけであって、他の生徒はある程度問題を抱えていたとしても、基本的にフツーの中学生であり、それが感情移入につながっていたんだと思うけど、今回の第8シリーズは、いきなりクラスに黒人の子(!)がいたり、霊感のある不思議少女がいたり、校内で金貸し業をやってる子がいたり、国会議員の娘がいたり、オヤジ狩りしてる生徒がいたり……。どう考えても普通の中学生には感情移入できないだろうという生徒のオンパレード。

今回、脚本の小山内美江子が降板して新しい人が脚本を書いているんだけど、やっぱりその辺もデカイのかなぁとは思う。普通に見えて、ちゃんと個性のある生徒たちを30人近く描き分けるっていうのは難しいんだろうなあ。

とにかく、今回は視聴率も結構悪いらしいけど、がんばって第9シリーズ以降、金八の定年まではシリーズが続くように願うばかりです。


6ebb4214.jpgさて、駄作と言えば、「リボンの騎士」のリメイクも一部で話題になってたけど……なんじゃろコレ!?

確か「リボンの騎士」の主人公・サファイアって、設定としては男と女の心を併せ持って生まれて、体は女だけど男として育てられてきた……みたいなことだったと思うけど、この絵柄じゃあ完璧に女以外の何者でもないんじゃ……。

ちょっと前にやたらと色んな作家で「ブラックジャック」をリメイクしてた時期も、「こんなモン、やる必要あるのかな?」と思っていたけど、今考えればブラックジャックは一話完結のオムニバス・ストーリーなので、まだ新たなストーリーを作る余地があるのかなとも思うけど、連続したストーリーがすでに完成しているリボンの騎士は……やる必要あるのかな?

さらに、手塚プロでは現在、手塚治虫先生が残した漫画原稿すべてに着色してカラー化する計画なんかも進行してるんだそうで……。う〜ん、手塚先生の原稿にさらに手を加える必要あるのかな?

まあ、手塚治虫の死後も手塚プロは存在し続けているわけで、こんなことしてでも残ってるスタッフを食わせていかなきゃならないんだろうけど……。(さらにはバカ息子&娘も食わせていかなきゃならなそうだし)

だったら、ヘタにリメイクとか作るよりは、「手塚プロ作品」ということで完全オリジナル作品に挑戦してもいいと思うんだけどなぁ……。天才亡き後に残された人たちっていうのもなかなかツライものはあるんだろうけどね。

まあ、どんなに続編がクソだったとしても、他の人の手によってリメイクされた作品がウンコだったとしても、ボクが好きだったオリジナルの作品の価値が変わるわけではないので、黒歴史は見なかったことにして愛し続けていこうと思います。
posted by 北村ヂン at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

春も色々イベントやりますよ

2008年4月5日(土)※深夜
サブカル系友達作りイベント! 62
友達100人できるかな?
とにかく新たな出会いが欲しい、友達が欲しい。そんな“さみしんぼ”のために大ブレイク中のあの大人気企画が開催! “出会いの嵐”ロフトプラスワンが贈る春の友達つくりイベント! 【司会】北村ヂン(出会イスト)、ゲスト交渉中!
OPEN / START 24:00 
【チャージ】女子無料!!!(しかも1D付)、男子¥1500(1D込)
【場所】新宿LOFT/PLUS ONE【問い合わせ】TEL 090-8014-8190(キタムラ)

mixiで「出会い系居酒屋プラスワン」コミュニティー作ったよ。

posted by 北村ヂン at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

幸作くんの流出画像

13azumi_sano.jpgそうそう、流出画像といえば金八先生の息子役、要するに坂本幸作役で(ボクには)お馴染みの佐野泰臣さんが自分のパソコンの中の画像データを流出させちゃってちょっと前に話題になってたね。

幸作と言えば、第五シリーズにおいては、金八の息子であるとともにシリーズのキーパーソンである兼末健次郎と幼なじみということでかなり重要なキャラクターのひとりだった。

最終的に母親を刺してしまう「ガラスの少年」健次郎の問題に父・金八とともに果敢に立ち向かっていくのはもちろん、同じく幼なじみであるちはるちゃんを巡って健次郎とちょいと三角関係的なことになったりなんていう非常に甘酸っぱい展開もあり、それも「良い童貞」のお手本のような素晴らしい心意気で身を退いて、なんとなーく健次郎にちはるちゃんを取られちゃったり……。

さらに、第六シリーズではいきなり悪性リンパ腫にかかって生きるか死ぬかの闘病生活に突入し、そんな状態にも関わらず、病院で知り合った女の子にこれまた「良い童貞」のお手本のような一目惚れ。結局はあんだけ重大な病気がうやむやの内に完治しちゃって、その恋の行方もなーんかうやむやになってしまってるんだけど。

まあとにかくその他のシーンでも非常に人が良い感じ&童貞な感じがにじみ出ており、成長するにつれて何かアゴばっかスクスク育ってかわいげがなくなっちゃってる乙女(金八の娘ね)とは違い、幸作は金八シリーズの登場人物の中でも非常に好きなキャラクターのひとりなのだ。

というわけで、「幸作(ボク、ドラマ等の役と役者自身を区別できない子供なので)の画像が流出したなんてッ!」と、ボク的にはエディソン・チャンなんかよりも数倍衝撃的なニュースだった。

だってあのザッツ・良い人&良い童貞な幸作がチンコをビンビンにしてハメ撮りしてる画像なんか見ちゃったら……もう冷静に金八を見れなくなっちゃうもんッ!(似たような気持ちとして、ボクは金八以外の番組で女女している上戸彩を見るのはちょっとイヤなのだ。「アンタ性同一性障害じゃないんかいッ!」と思ってしまう)

とはいえ、やっぱり気になるので色んなルートを駆使して問題の画像を入手し、見てみたんだけど……あーんしん! 全然ハメ撮りとかしてないッ!

何か見ていても最悪な気分にしかならないエディソン・チャンの流出画像に比べ、幸作(佐野泰臣くんね)の画像は、流出したとはいえ、何ちゅうか本当に普通のプライベート画像で、イメージ通りのほほーんとした雰囲気の良い人&良い童貞感あふれる感じの物だった。

酒でも飲んでお調子に乗っちゃったのか、みんなでチンポ出してイエーイ的な画像とかもあったけど、それも「無邪気な良い人」の範疇だろう。……ガチホモ的には極上のオカズになるのかもしれないが。

まあ、いくらイメージが傷つかなかったとはいえ、無防備なプライベート画像を不特定多数の人に見られまくってると思ったら、当事者としてはたまったもんじゃないんだろうけど。

イヤー、でもデータ流出とか、他人ごとじゃないのでボクも気をつけよう。

ウチのハードディスクの中には、ハメ撮り画像はないまでも、相当恥ずかしい画像がいっぱい詰まってるもんなあ……。女の股みたいに見えるエロティックな感じの木の写真ばっかり何百枚も入った「エロい木」フォルダとか、全国各地の便所の落書きを集めた「便所」フォルダとか……。こんなモン知らない人が見たら完全に頭おかしいと思われるよ。
posted by 北村ヂン at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。