2004年02月28日

テレビばっかり見ていた

 今日はお約束通りずっとオウム大特集中のテレビを見てました。イヤー、地下鉄サリンからもう10年近くも経ってんだね、時の流れは恐ろしい…。

 一般的にはやはりオウム・ブームといえば、地下鉄サリン以降なんだろうけど、ボク的には群馬にオウムの道場があったこともあり、中学生の後半くらい(確か麻原が選挙出た頃)に一回目のオウム・ブームが来ていたのだ。その頃はまだ「なんかよくわかんないけど、うさん臭い新興宗教」くらいの認識だったんだけど、まだオウムが表立って活発に活動してた時期だったので、ロシアのラジオ局でやってた「麻原彰晃のオールナイトニッポン」(タイトルは忘れました)とかいう麻原がパーソナリティーを務め、なんかわかんないけどやたらと麻原オリジナルソングが流れまくっていた記憶があるクレイジーなラジオ番組を一生懸命聞いたり、群馬からはるばる秋葉原にあるオウム直営のパソコン屋「マハーポーシャ」に行って「RPGでみるみる数学の成績が上がる!」みたいな謎のゲームを買ったり(アレもオウムの技術陣が開発してたんだろうか)、見るからに怪しい面白オウム勧誘チラシ&機関誌(「マハーヤーナ」だっけ?)を集めたりと、なんかワケわからない活動をしてて面白かったです。

 というわけで、一回オウムの波が過ぎた後だったし、あまりに世間が騒ぎ過ぎてたこともあって、サリンの時にはそれ程注目してニュースとかを見てなかったんだけど、改めて見たらやっぱオウム関係者ってみんなキャラ立ってて面白いですねー。「あー。いたいた、横山弁護士!」とか、テレビから目が離せませんでした。そして24日にやってたオウム事件の再現ドラマ…あれも凄かった…。サリンをまく高杢の姿は涙なくして見れませんでしたよ、元チェッカーズなのに…。

 ところで、ワイドショーなどでオウムに殺された坂本弁護士関係の話をしている時に、その坂本弁護士が大好きだった「メリー・ジェーン」(by.つのだ★ひろ)をほろ酔い加減で歌っているご機嫌なホームビデオがやたらと流されていましたが…、それがまたなんともヌルーいバカ映像なんですわ。ボクはたとえ死後であっても、あんな恥ずかしいビデオをテレビで流されたら…耐えられません。死人に肖像権はないのか!?
posted by 北村ヂン at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。