2004年11月30日

サンダルをなくした

 イヤー、ドラえもん声優陣一挙降板というニュースが飛び込んで来て、ショックの余りしばらく寝込んじゃってましたよ。まあスタッフの方も総入れ替えということで、最近の最悪すぎる珍リニューアル路線にガックリきてたボク的には、ここで一気に中身を変えてちょいマシな方向に向かってくれれば…と思っています。…これが番組終了への布石じゃなけりゃあいいけどなぁ…。

ちなみに、ドラえもん声優オーディションも行われるらいいので、声優業界は色めき立ってるんだろうな…。とりあえずオーディション受けてみるでしょ。万が一採用とかなった日にゃあ…ウンコ漏れるもん。オレも受けたいッ!


 なんかこことこずーっと微熱風邪気味、調子がなんともビミョーに悪いです。頭も常時クラクラクラクラしてるし…妊娠かなぁ?

 んで、そんなに風邪気味なら、温かくしてりゃあいいものを、ボクは未だにどこへ行くのもサンダル履きなのだ。ここんとこ2、3年にわたってほとんど一年中サンダルで暮らしている…大人なのに。もう靴下を探すのも、靴下の左右を揃えるのも、靴下を履くのも、靴ヒモ結ぶのもめんどくさいのよ。それに、靴下履いてると足の指と指の間に、なんとも香ばしい芳香を放つ真っ黒〜い樹脂状の物が溜まるじゃないですか。あれも気持ち悪いんだよね。足も蒸れて激臭になるし。
 そんなボクの足下ファッションにおいて非常に重要な位置を占めているサンダルを先日なくしてしまいましてね…。ちょっとへこんでます。

 子供じゃあるまいし、靴飛ばしをして遊んでいたわけでもなく、なんでサンダルなんかなくしたんだ…というと…。バイクに乗って足をプラプラさせてたら、ポロッとサンダルが脱げちゃって「あ」っと思って後ろを振り向いたら、既にサンダルは小さ〜く小さ〜くなっていた…というハナシですわ。

 バイク乗ってて何か落とすと本当に悲しい気分になるんだ。周りにゃ車がビュンビュン走ってるし、Uターンして取りに戻るなんて自殺行為。「あ〜ッ」と思いつつも、落ちた物を見捨てるしかないこの悲しさよ…。それがサンダルという非常に重要なアイテムとなれば悲しみも倍増ですよ。

 その日は、ちょっと急ぎの用もあったので、家に戻って靴を履き直すというのも無理。途中で靴屋に寄って、靴を買う時間もない…。と言うことで一日中、片方裸足のまんまで仕事してました。…イヤー、夏のビーチでもないのに裸足で歩き回ってる大人に対して世間の目は非常に冷たいね。…そりゃそうか。

posted by 北村ヂン at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。