2005年05月24日

ピンッピンに直立しますヨ

TKY200505180320.jpg 二本足で直立するレッサーパンダの風太くんが大人気だそうで。

 イヤ、ボクは最初、レッサーパンダがすっくと立ち上がって、そのまま常時二足歩行しまくってるんだと勘違いしてたもんで、

「そりゃスゴイ! ボクも見に行かなくちゃッ!」

 …と思いっ切りコーフンしてたんですが、テレビで映像見たら何の事はない、確かに二本足で立ってはいるものの、そのまま微動だにせずに、ホントに直立不動のまんまじゃないですか。

 この程度の事で日本中大騒ぎして、風太くんのいる動物公園の経営が思いっ切り上向いちゃうくらいブレイクしてるみたいですが…ホント、日本人って動物に弱いなぁ。

 …かつてのタマちゃんフィーバーを思い出しちゃいました。タマちゃんも、まだ時々出没したりしてるらしいんですけど、もはや誰も話題にすらしないですからね(そういや、ちょっと前に話題になった東京湾のクジラってどうなったんだ!? …死んだんだっけ?)。

1-A-20050523140338732L.jpg とりあえず、またバカなヤツらが、

「風太くんに住民票を」

 とか言い出さない事を祈っていますよ。

 ま、それはいいとして

「レッサーパンダが立ち上がったくらいの事でこんなに大儲け出来るとはッ!」

 と思った他の動物園関係者たちが、

「…実はウチのレッサーパンダも立つんですよ…」 なんて次々言いだして、日本中に二足直立するレッサーパンダがバンバン出て来てるんですが…つーか、こんだけ沢山のレッサーパンダがいるっていう事は、別にレッサーパンダが立ち上がるのって全然珍しい現象じゃなくって、普通の行動なんじゃないか!? 実は。…と思ってしまいます。(追記:やっぱ学者が「野生のレッサーパンダも普通に立つ事ありますよ」とか言ってた)

 もしくは各地の動物園の飼育員が徹夜で必死に二足直立を仕込んでるんだと思う。エサでつったらわりと簡単に立ち上がりそうですからね。そんだけの事でバカな客大集合でマネーガッポガッポだったら、絶対やりますよ。

 つーか、レッサーパンダに手術とかしちゃって、メカ歩行器かなんか埋め込んで歩けるようにしてもいいくらいです。今だったら絶対もと取れますよ!

 さらに、今日のワイドショー見てたら、

「他にもいるぞ! 直立アニマル!」

 みたいな特集がされていて(大体直立アニマルっていう言葉はどうなんでしょう)、立ち上がるラッコ、立ち上がるリス、立ち上がるトカゲ(エリマキトカゲじゃないよ)、立ち上がるキリン

 直立ブームを作り上げた元祖・風太くんのいる千葉動物公園のサイトでは、トップページにバリバリ風太くんをフューチャリングして、

「ウチは当分コイツで食って行きまっせ〜!」

 という匂いプンプンで、相当力を入れているご様子なんですが…。…イヤー、この直立アニマルブームは相当賞味期限短そうだぞ…。後出しジャンケンで便乗してきた他の動物園たちと一緒に共倒れしないように祈っております。

 とりあえずボク的には、ただ直立できるだけの風太くんへの興味は急速に失ってしまい、よこはま動物園ズーラシアにいるという、二足歩行出来るレッサーパンダのデールちゃんが余りにカワイイので興味津々。そのうち見に行くゾ! …と息巻いております。


 …しかし、直立アニマルがこんなに人気を集めてチヤホヤされてるのに、朝晩問わずピンピンに立ちまくってるボクのチンポは、何故誰もかわいがってくれないのだろう? …ある意味アニマルなのに。
posted by 北村ヂン at 12:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

パンダが出てきてしまった為にレッサー(劣った)パンダと名づけられた哀れな生物の哀れな姿
Excerpt: 私の場合、果てしなくニートに近い生活をしているせいで、朝が遅く、起きたらワイドショーのザッピングが日課になっている。 ワイドショーの場合、満遍なくニュース項目...
Weblog: 狂人・彦根凌 第7の修練
Tracked: 2005-06-02 22:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。